また馬鹿

孟子・孔子の原典講読禁止?当局が小中高に「編集令」―中国
Record China 1月4日(火)18時9分配信

2011年1月3日、四川新聞網によると、山東省教育局はこのほど、
「粗悪な内容を含み、生徒の価値観と心に悪影響を与える」として、
小学校・中学校・高校で古典「弟子規」「三字経」「神童詩」などの全文を読ませることを禁じ、
学校側に文章の取捨選択など教材の編集を義務づけた。
記事によると、湖北省の小学校でも、「中国の古典文学の大部分は有益だが、一部に非科学的、
あるいは時代の発展に逆行する内容、例えば『封建思想』『女性の軽視』『労働の軽視』などが含まれる」
として「三字経」「弟子規」「増広賢文」などの編集を独自に行っているという。
湖北大学の劉川鄂(リウ・チュアンアー)教授は、「三字経」「論語」などの文学作品は農耕時代の産物で、
「道徳は官を利する」という思想が含まれ、不平等な身分制度が前提で、
その内容と現代における人道的配慮とを並べて考えてはならない、と指摘。
復旦大学の銭文忠(チエン・ウェンジョン)教授も、「『弟子規』『三字経』の基準に従って子供を教育すれば、
社会に出たときに90%が損をする」と述べ、同様の見解を示した。
しかしこの古典「編集令」に反対する声も、インターネットユーザーを中心に上がっている。
あるネットユーザーは、ながく「以徳報怨(徳をもって怨みに報いる)」と教えられてきたが、
大学に入って初めて、孔子が言ったのはそうではなく「以直報怨、以徳報徳(怨みには誠実さで報い、
徳には徳で報いる)」が正しいことを知ったという。同ネットユーザーは、
「古典の観点が正しいか間違っているかにかかわらず、私たちは原著を読む権利があるはすだ」
と主張している。(翻訳・編集/津野尾)
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20110104-00000014-rcdc-cn

=======
中国の数少ない宝を自己否定
馬鹿極まれり
国の政策にとって都合の悪いことを割愛することが目的
でも、どう解釈するにせよ、原書を読んで考える自由を奪ってはならない。

中国のことは嘲笑していればいいが
日本も昔話や神話がさりげなく改変されていたりする。
戦時中の改変だけでなく、今もある。
たとえば皇位継承をめぐる兄弟間の争いなど、
以前は兄が愚で弟が賢に書かれていたものが逆になっていたりする。
意図は容易に察することができる。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ