馬鹿だねえ

なぜか中国に敬語連発 仙谷長官
2010.9.29 18:07
中国はお変わりになっていなかった-。仙谷由人官房長官は29日の記者会見で、
沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、日本政府の予想に反して
中国側が強硬姿勢を強めてきたことについて「中国は司法権の独立、政治・行政と司法の関係が近代化され、
随分変わってきていると認識していたが、あまりお変わりになっていなかった」と述べ、
なぜか敬語を交えて自身の甘い中国認識に反省の弁を述べた。
 仙谷氏は13日に船長以外の船員14人と漁船を中国に戻す際、
「14人と船がお帰りになれば、違った状況が開けてくるのではないか」と述べ、
中国の姿勢軟化を予想していた。
 29日の記者会見では、この発言について「中国側も理解してくれるだろうと判断していた。
『20年前ならいざ知らず』という気分が私にあった」と釈明。
その上で「(日中両国で)司法過程についての理解がまったく異なることを、
もう少しわれわれが習熟すべきだった」と語った。
 仙谷氏は28日には、東シナ海・白(しら)樺(かば)ガス田付近を航行中の中国の海洋調査船について
「周辺にいらっしゃることは確認している」と述べていた。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100929/plc1009291808012-n1.htm
===========================

こんな認識の甘い人間が官房長官
中国の根本的な悪質さが分からないとは、どこまで馬鹿なのだろう。
そしてなぜ敬語?

4人の人質はなんとしてでも奪還しなければならないが
それさえ済めば、中国と無理に関係修復しなくてよい。
日中関係が悪化すれば、経済面や産業面での影響があるとは言うが
そんなことよりも日本の領土を守ること、強い姿勢を見せることのほうが大事。
日本の中国への経済的援助も打ち切ってよい。
留学生も帰ればいい。観光客など来ないほうがよい。
そもそも、「日中関係」を保とうとすることそのものが日本の国益を害している。
中国に対しては(ついでに南北朝鮮も)今こそ、攘夷決行を。

今回の件については中国という国の醜さを世界に知らしめるよい機会だったのに
日本が中途半端なことをしてしまった。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ