24時間テレビ

24時間テレビ、以前(欽ちゃんの頃)は24時間のうちの1時間位は観ていたが
最近はほとんど観ていない。

チャリティーそのものは必要だし、役に立っている面もあるとは思う。

でもマラソンの意義は?
ただのお祭りにしか見えない
(お祭りイベントが悪いというのではなく、チャリティーの仮面をつけたアピールが下種だということ)
24時間垂れ流しする必要あるの?
偽善臭もする。
この番組を作ること自体に莫大なお金がかかっているのでは?
出演者もノーギャラというわけでもないだろうし。

毎年8月をチャリティー月間ということにして募金を〈正しく〉集め
これだけ集まりました、こういうことに使います、今度はこういうことにお金や人材が必要です という
淡々とした2時間特番くらいでいいのでは?
わざとらしいドラマとか、
どうでもいいパフォーマンスショー(今もやっているのかどうか知らないけど)はいらない。
大掛かりにしなければ募金が集まらない、ということはないと思う。



=========
子供の頃、親戚と車で出かけた時に
24時間テレビの広告看板を見かけた。
「え~24時間も同じ番組をやってるんだ~」と行ったら
親戚のオバサンが
「あれは○日の夜9時からやって、翌日また夜9時からやるという意味だよ」と
自信たっぷりに言っていた。

はあ?
ばかじゃないの?
じゃあ24時間じゃないよ

と思ったけど子供の分際だったので黙っていた。

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ