靖国参拝

産経より

【主張】靖国と菅内閣 国家の責務に背を向けた
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100816/plc1008160311000-n1.htm
65回目の終戦の日の15日、今年も炎暑の中、多くの国民が靖国神社を訪れた。
民主党政権下で迎えた初の8月15日だったが、やはり菅直人内閣の閣僚は一人も参拝しなかった。
このようなことは終戦の日の閣僚参拝について政府に記録が残る昭和60年以降、初めてだ。
予想されたこととはいえ、戦没者遺族にとって無念だったに違いない。
各閣僚の主体性のなさも問題である。菅首相や仙谷由人官房長官が内閣の申し合わせとして
靖国参拝の自粛を求めたにせよ、全閣僚がそれに従ったというのは、情けない話だ。
改めて言うまでもないが、靖国神社にまつられている幕末以降の戦死者ら
246万余柱のうち213万余柱は先の大戦の死者だ。それだけ、8月15日の参拝の意義は大きい。
特に、首相が国民を代表して、国のために亡くなった国民の霊に哀悼の意を捧(ささ)げることは、
国を守るという観点からも、重要な国家の責務なのである。
一方、超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバーは昨秋と今春の例大祭に続いて、
この日も靖国神社を参拝した。民主党議員も参拝したが、菅内閣の副大臣、政務官は加わらなかった。
同会とは別に、自民党の谷垣禎一総裁、安倍晋三元首相らも参拝した。
谷垣氏は昨年の総裁選で「8月15日に靖国参拝する」と主張し、約束を果たした。
今後も、その姿勢を貫いてほしい。
この日の靖国神社は、年老いた遺族や戦友らにまじって、学生や若い男女、親子連れの姿が
さらに増えたように思われた。8月15日の靖国参拝は、国民的行事として定着しつつある。
同じ日、韓国のソウルで開かれた日本統治からの解放65年を祝う「光復節」記念式典で、
李明博大統領は日韓併合100年に関する菅首相談話を評価し、
「歴史を忘れず、ともに新しい未来を開拓する」ことを訴えた。
10日に出された菅談話は日本の朝鮮半島統治を一方的に非難する内容で、
与野党の反対・慎重論を押し切って閣議決定された。
今回、菅内閣の閣僚が参拝しないことも、中国や韓国のメディアは好意的に報じている。
近隣諸国にのみ配慮し、戦没者の霊に背を向ける首相は、日本のリーダーとしての資質が疑われよう。



8/14
論説委員・皿木喜久 靖国参拝こそ「抑止力」だ
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100814/stt1008140744000-n1.htm
8/15
【靖国神社ウォッチ】閣僚不参拝「情けない」自民若手有志
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100815/stt1008151836004-n1.htm


初の「全閣僚、靖国参拝せず」民主党政権下で異例の8・15
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100815/plc1008151915009-n1.htm
65回目の「終戦の日」である15日は、菅内閣の自粛方針の下、
菅直人首相も閣僚もその他の政務3役も1人も靖国神社に参拝しない、
政府に記録が残る昭和60年以降初めての異例の日となった。
「戦没者の鎮魂は国家の基本」(故藤波孝生元官房長官)という大原則は置き去りにされ、
靖国参拝に反発する近隣諸国ばかりに迎合した結果だ。
この日の靖国は、こうした民主党政権の姿勢や政策に対する懸念や憤りの声で包まれた。(阿比留瑠比)

■どこの国の国益か
「痛恨の菅首相謝罪談話」「菅『靖国不参拝』の妄論」「民主党の本当の姿を知っていますか?」…。
靖国神社へと向かう九段下の坂では、いくつもの民間団体がビラや小冊子を配っていた。
多くは民主党政権の外交姿勢や政策を批判する内容だった。
「菅首相と閣僚はどこの国の閣僚で、どこの国の国益を図って行動しているのか。
どんなに糾弾しても糾弾し足りない」
神社境内で開かれた戦没者追悼中央国民集会で、日本会議の三好達会長(元最高裁長官)はこう訴えた。
民主党が進める永住外国人への地方参政権付与や選択的夫婦別姓などの政策阻止を主張し、
10日発表の首相談話についても「北朝鮮がわが国に対する理不尽な要求をする格好の材料を与えた」
と批判した。
境内には、首相と仙谷由人官房長官、岡田克也外相を批判する写真も地面に張り付けられていた。
特定政党・政治家が名指しでこうまで批判されるのは、街宣車が行き交う15日の靖国でも珍しい光景だ。
ただ、政府の英霊鎮魂への無関心ぶりが、逆に国民の危機感を高めた部分もありそうだ。
神社によると、この日の参拝客は約16万6千人で、一昨年(福田内閣)の約15万2千人、
昨年(麻生内閣)の約15万6千人を大きく上回った。

■首相のA級戦犯論
民主党政権で靖国が軽んじられることは、予想されていたことだった。
首相は野党時代から、ときの首相や閣僚の靖国参拝に反対しており、自身の首相就任時にも
「在任中は靖国に参拝しない」と明言した。6月15日の参院本会議では、その理由をこう述べた。
「靖国神社はA級戦犯が合祀(ごうし)されているといった問題などから、
首相や閣僚が公式参拝をすることには問題があると考えている」
この首相の考え方は、菅内閣ではおおむね共有されている。仙谷氏は10日の記者会見で
「閣僚は公式に参拝することは自粛しよう、差し控えるべきだというのは、従来の日本政府の考え方だ」
と強調した。
一方、民主党内で「保守派」とされる野田佳彦財務相はもともと、首相らとは別の意見だった。
平成17年10月に出した質問主意書で次のように主張していた。
「すべての『戦犯』の名誉は法的に回復されている。『A級戦犯』と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではない。
戦争犯罪人が合祀されていることを理由に首相の参拝に反対する論理はすでに破綻(はたん)している」
野田氏は首相談話にも当初反対していたが、これも結局、仙谷氏に押し切られている。
党内の保守派の立場の弱さがうかがえる。
この日は、超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」メンバーをはじめ
約50人の国会議員が靖国に参拝した。
安倍晋三元首相は閣僚の不参拝について、「首相や官房長官が方針として決めたのであれば、
信教の自由上、問題がある」と指摘。石原慎太郎東京都知事は「英霊が浮かばれない」と嘆いた。



========
首相、閣僚が足並みをそろえて参拝しなかったことは本当に残念。
昨日15日のニュースは夕方までは追悼式典を報道していたが靖国神社参拝については
それほど触れず、靖国神社など存在していないかのように沈黙していた局もあった。
21時前のニュース(NHK)に至っては終戦の日などなかったかのような無視ぶりだった。
過去、参拝した時はまるで悪いことをしたかのようにしつこく報道していたのに。
このような事柄だけでもテレビ(特にNHKとTBS)は中韓寄りだということがわかる。
参拝すれば中韓が喚き、参拝しなければ国内から遺憾の声があがる。
それほどまでに中韓に配慮しても、別に今後関係がよくなるわけでもない。
どんどんつけあがるだけ。
なにより、過去、日本国のために戦った人たちは・・・
馬鹿すぎる首相と閣僚とマスコミ、本当に英霊が浮かばれない。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ