朝のクモ

朝のクモは神様(または仏様)の使い(だから殺すな)
夜のクモは地獄の使い(殺してもよい)と言われている(一部地域だけかもしれないが)けど
朝のクモをそのまま放置していると夜になってもそこにいて、
結局夜のクモになってしまうのはどうしたらいいのだろう。


迷信ではあるけど、
朝のクモについては以前、親戚が本当に「神の使いだと思った、ありがたい」という体験をしていて
朝、玄関まわりを掃除していてクモの巣を見つけても殺せない。
私自身は、目の前にすーっと降りてきて「ぎゃああああ」という思いをしたことがあっても
親戚のようなありがたい体験はない。夜に見つけても別段悪いこともないが。


で、
朝のクモを放置すると夜のクモになってしまうという問題?について
もやもやしているけど、自分としては結局どちらも殺さない。
ただ、朝のクモはそっと移動させる、夜のクモは遠くへ追い払う
例外は黒と黄色の縞のクモ あれは夜でも朝でも殺虫剤


ところで学生の頃、同じ学生アパートに住んでいた某人は
間違って覚えていたのか、その人の育った土地ではそういう風習なのか
夜のクモを見て、「絶対に殺しちゃだめーーーー」と叫んでいた。

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ