日記(5/7)

ゴールデンウイークもあっという間に終わってしまった。
明日から五日間、丸々仕事かと思うと気が重い。

休み中は前半は大イベントがあって疲れたが
後半はのんびりと過ごすことができた。
母と塗り絵を楽しむこともできた。

日記(5/13)

連休明けのつらい一週間もなんとか乗り切った。
疲れて毎日早めに寝ていた。

6、7年ほど使っていた昇降式テーブルが壊れたようだ。
床に水?がこぼれていて、拭いてみたらどうやら油のようでしかもテーブルから出ている。
不思議に思って調べてみると、ガス圧で昇降する椅子やテーブルは油漏れすることがあり
次第に昇降機能が使えなくなるようだ。
修理しようかとも思ったが、手間暇お金もかかりそうなので処分することにする。
(まだしていないが)
天板と足部分は離して、今はベランダに退避させている。
市の粗大ごみに出す予定。重いので自力で階下に下せるかどうかわからない。 

テーブルはずっと前に使っていた、丸いちゃぶ台があるので今はそれを使っている。
パソコン用は椅子に座って使いたいのだが
とりあえずは棚を一段開けて、机替わりにする。

そして今度は台所の排水溝のから微量の水が漏れだしている。
なんでこんなのが重なるのか。
調べてみると、排水溝の周囲の丸い小さな溝の一部分から出ているようで
下の戸棚の中のものを全て出してよく見てみたが
一部分から水がつたって滴のようにたまーに漏れているようだ。
管理会社に連絡するのも面倒で、自分で修理できないかと思い
形状をいくらでも変えられるセメントパテを排水用ホースと流しの境目に巻きつけ
排水溝の入り口の周りの水が漏れ出ていると思われる辺りの部分を水槽修理用のボンドで埋めた。
とりあえずは大丈夫そう。

効かない


↓ こんなのをみつけたけれど

>イライラを鎮めるコツ
>イライラしている時は、脳波や細胞内の水が乱れている。
>ざわついた状態。
>嵐の海が波立っている状態を想像してみる。
>その波立った状態を改善してやれば心は落ち着く。
>洗面器の水の表面を手のひらで撫でると波立ちは納まる。
>イライラしている時に、それを想像する。
>また、波が平らになればよいので、
>どこか水平になっている直線を見て、心を同調させる方法も有効。

効かない。
上手くできない。

日記(5/20)

いきなり暑くなった。
カーテン全部を洗濯した。

いらいらにはSJWというサプリが効くと聞いて
試しに20日分のを買ってみた。
ある程度続けないと効果はわからないとは思うが
いらいらして眠れないという状態はいくらか緩和された気がする。
気がするという文字通り、気分的なものだとは思う。
ただ、夢に小学生の頃から高校を卒業して実家を出るまで
かわいがっていて大切にしていたぬいぐるみが夢に出てきて
私は夢の中でお礼を言い、ぬいぐるみもかわいがってくれてありがとう的なことを言っていた。
癒しというと大げさだが
なんとなく気持ちが穏やかになった かもしれない。

命の母はなんだかおなかの調子が悪くなるので中止

これは事実なのだろうか?

陛下 退位議論に「ショック」 宮内庁幹部「生き方否定」
毎日新聞2017年5月21日 06時30分(最終更新 5月21日 06時30分)

天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、昨年11月のヒアリングの際に保守系の専門家から
「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、
陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い不満を漏らされていたことが明らかになった。
陛下の考えは宮内庁側の関係者を通じて首相官邸に伝えられた。
陛下は、有識者会議の議論が一代限りで退位を実現する方向で進んでいたことについて
「一代限りでは自分のわがままと思われるのでよくない。制度化でなければならない」と語り、
制度化を実現するよう求めた。
「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」とも話していて、政府方針に不満を示したという。

宮内庁関係者は「陛下はやるせない気持ちになっていた。陛下のやってこられた活動を知らないのか」と話す。
ヒアリングでは、安倍晋三首相の意向を反映して対象に選ばれた平川祐弘東京大名誉教授や
渡部昇一上智大名誉教授(故人)ら保守系の専門家が、
「天皇家は続くことと祈ることに意味がある。それ以上を天皇の役割と考えるのはいかがなものか」などと発言。
被災地訪問などの公務を縮小して負担を軽減し、
宮中祭祀(さいし)だけを続ければ退位する必要はないとの主張を展開した。
陛下と個人的にも親しい関係者は「陛下に対して失礼だ」と話す。
陛下の公務は、象徴天皇制を続けていくために不可欠な国民の理解と共感を得るため、
皇后さまとともに試行錯誤しながら「全身全霊」(昨年8月のおことば)で作り上げたものだ。
保守系の主張は陛下の公務を不可欠ではないと位置づけた。
陛下の生き方を「全否定する内容」(宮内庁幹部)だったため、陛下は強い不満を感じたとみられる。
宮内庁幹部は陛下の不満を当然だとしたうえで、「陛下は抽象的に祈っているのではない。
一人一人の国民と向き合っていることが、国民の安寧と平穏を祈ることの血肉となっている。
この作業がなければ空虚な祈りでしかない」と説明する。
陛下が、昨年8月に退位の意向がにじむおことばを表明したのは、
憲法に規定された象徴天皇の意味を深く考え抜いた結果だ。
被災地訪問など日々の公務と祈りによって、国民の理解と共感を新たにし続けなければ、
天皇であり続けることはできないという強い思いがある。
【遠山和宏】
https:// mainichi.jp/articles/20170521/k00/00m/010/097000c


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

もしこの報道が事実だとすれば、かなり残念な話である。
私も被災地ご訪問や慰霊の旅など、陛下の御身体に負担がかかるようであれば
宮中祭祀と国事行為だけでいい、日本国の象徴として最後まで今上陛下に在位して頂きたいという考えだった。
決して今上陛下のこれまでの在り方を否定しているわけではない。
でも、陛下は全身全霊で国民に寄り添うことが天皇の務めとお考えのご様子。
陛下のお考えは理解できるが、
「ショック」とか「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」とか制度化にこだわるとか、
言葉の使い方の問題なのか、この記事が真に陛下のお気持ちを示したものなのかどうも信じ難い。
信じたくないからそのように思ってしまうのかもしれないが。

もともとリベラルな教育を受けてきた御方であるし、
敗戦から長い長い計画で側近、進講者などが送り込まれ、一般人に近い形でご家庭を築き、
いつの間にかこうなるように仕向けられたのかもしれないが、事実だとすれば残念なことである。
時代にそったものあるのかもしれないし、陛下の「お考え」は間違ってはいない。
お考えはわからなくはないが、制度にかかわることに口を出したら、そしてそれで国政が覆ったらそれは間違いである。
これで次代がまともならば、まだなんとかなるが更に残念なことに次代予定の人はまともではない。
左がかった「国民」に迎合はするだろうが、寄り添うことなどできない負債(夫妻)である。
全身全霊で務めることが天皇の務め。それが難しくなってきたから退位するというのなら
次代予定の人は全くふさわしくないということになるが、その辺は陛下はどうお考えなのか。


宮内庁、毎日「陛下 公務否定に衝撃」報道を否定 有識者会議意見に不満のご発言「事実ない」 

2017.5.22 18:16
宮内庁、毎日「陛下 公務否定に衝撃」報道を否定 有識者会議意見に不満のご発言「事実ない」 
毎日は「十分な取材に基づいている」

毎日新聞が21日付朝刊で天皇陛下の譲位に関する政府の有識者会議内での一部意見について、
陛下が強い不満を漏らされていたとの記事を掲載したことを受け、
宮内庁の西村泰彦次長は22日の定例会見で
「天皇陛下のご発言の報道があったが、そうした事実はない」と全面的に否定した。
毎日新聞の記事は、「陛下 公務否定に衝撃」「『一代限り』に不満」などの見出しで1面トップで掲載。
昨年11月の有識者会議のヒアリングで、保守系の専門家から
「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、
陛下が「批判をされたことがショックだった」と強い不満を漏らされていたと紹介した。
また、有識者会議の議論が陛下一代限りでの譲位を実現する方向で進んでいたことについても、
陛下は「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」と話し、政府の方針に不満を示されたとしている。
記事は、陛下のお考えが宮内庁側の関係者を通じて首相官邸に伝えられたとしているが、
西村次長は「陛下が(お考えを)話された事実はなく、
従って、宮内庁として内閣に報告していない」と重ねて否定。「極めて遺憾だ」と述べた。
毎日新聞社長室広報担当は「十分な取材に基づいて報道しております」とのコメントを出した。
http://www.sankei.com/life/news/170522/lif1705220035-n1.html


やっぱり陛下のご発言は事実ではなかったようだ
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ