ねこまつり

ねこまつりに行ってきた。
二週間くらい前に郵便受けにチラシが入っていた。

復活猫塚古墳ねこまつり

これは行かなければ…と思い、行ってみた。
チラシはおおざっぱな地図で刑務所の方に遠回りしてしまったが
割と近かった。(ずーーっと真っ直ぐ行った先だった)
猫塚古墳の存在さえ知らなかった。
今は少林神社(わかばやしじんじゃ)になっている。
小さな神社で、こぢんまりとしていた。
まず、由来はよく分からないけど
「ねこまつりに呼んでくださってありがとうございます」お参り。

人はたくさんいてごったがえしていた。
子供も大人も男性も女性もいっぱい。
ねこ耳を付けている人がいっぱい…ねこ耳の貸し出しをしていた。
里親探しをしている猫が何匹かいたが、檻の外から触られまくっていて可哀想だった。
屋台も出ていてぐるにゃん鍋(※猫鍋ではない)とかいろいろあったが
あまりおいしそうではなかったので買わなかった。
猫パン、猫クッキー、猫まんじゅうetc …すべて肉球の焼き印が入っていたり猫が描かれていたり。
猫グッズもたくさんあった。手作り感満載。
午後2時22分22秒に一斉にニャーと鳴くらしいんだけど
お昼過ぎに行ってあまり見るところも少なく、その時まで時間をつぶせずに帰ってきた。
一斉に鳴かなくても、ひとりでたまにニャーと言っているので別にいい。
猫マフラーを買ってきた。

日記(11/4)

三連休が終わってしまう…
憂鬱。
今月23日の勤労感謝の日は土曜日なので残念ながら三連休にはならない。

美容院で髪カット。
うーん。失敗かも。
頭を丸めて洞窟にこもりたい。

昨日、今日と、焼き芋屋の車、灯油売りの車の音が聞こえた。
もう冬も近い。
ますますこもりたい。

この間から同僚の一人が地震来るかも来るかもと毎日のように言っている。
10月24日が危ない、28日が危ない、11月4日が危ない…
今日の雲、なんか変じゃない?
…怖がっているのか、期待しているのか…
この間(10月20日と10月26日)の夜中の「お!?」規模の地震の前日には
何も言っていなかったので全然当たっていない。
小規模、中規模の地震は日常なのでどうということはない。
同僚が心配?するような壊滅的な地震はしばらくはここには来ないと思う。(来ないでほしい)
今年の宮城の震度5以上の地震は4月17日と8月4日。
去年の12月7日にも、大き目のが来た。
この周期から想定すると12月位に中規模のは来るかもしれないけど、
来たとしても震度5程度だと思う。


楽天優勝おめでとう。
テレビでセールのニュースを見たけど
星野さんにちなんで指輪1001(せんいち)万円だって。
背番号にちなんだ77万円の何か(聞き逃した)もあった。
はあ?買う人いるんだろうか。おだづなよ。


 ※11月8日追記 1001万円売れたらしい。すごいね。

日記(11/8)

ようやく週末。
疲れた。
一昨日、ぼんやりしていてドアの角に頭をかなり強くぶつけた。
ちょっとコブが出来ている。まだ少し痛い。
後後、何か頭の中に問題が起きないか心配だけど、とりあえずは大丈夫そう。

同僚達とお昼を食べながら楽天の話になり、
ひとりが「星野さんはそんなに好きではない」と言い、
誰かも「野村さんの方がまだいい。奥さんは好きじゃなけど」と言い
一緒にお昼を食べている仲間内では、それほど野球に興味がある人はいなくて
みんななんとなく同意した。
すべての東北人がそう思っているわけではもちろんないけれど、
星野さんはなんとなく関西人受けする雰囲気がある。
で、「最初の監督が一番良かった」「任期途中で切られて気の毒だった」という話になったが
そうは言うものの、誰一人としてその監督の名前と顔をすぐには思いだせなかった。

で帰ってから調べてみたら田尾監督だった。
(田尾さん、田尾さんのファンの方、すみません)
確かに、寄せ集めのできたばかりの球団で、結果をすぐに出せないからと言って
切るのは気の毒という論調が当時あったし、私もそう思っていた。
そして、もうひとつ忘れていたことがあった。
野村監督と星野監督の間にもうひとり、ブラウン監督がいたことを。

日記(11/11)

初雪。
いつもの年よりも早い。
(仙台市では平年より13日、昨年より16日も早かったそうだ。)

最近、また足が攣るようになった。
冷えのせいだろう。

第1776回「【年をとったなぁ…】と感じる時」

FC2 トラックバックテーマ:「【年をとったなぁ…】と感じる時」



白髪、節々がギシギシいっている、物忘れなど
ほんの数年前はほとんどなかったのに…

それから職場の若い子(←この言い方も年寄りくさいけど)に違和感よりも
まあ、かわいいと思うようになった時
数歳下くらいだと、いらつくような言動でも
一回り以上、下手すると二回り近くも下だと「めんこいごだ」「わかいなあ」としか思わない。

日記(11/17)

先週は寒かったけど
昨日と今日は小春日和の、日向ぼっこが心地よい気温。

布団カバーを冬用のあたたかい生地のものに変えた。
ねこがいっぱい。
たくさんのねこに踏まれて眠る幸せ。

猫カバー

夢2013年11月

行ったことがあるような、無いような街
商店街 学校
そのあたりに住んでいる

--------------------------------------
母、姉
地域の何かの係になり
書類を記入してもらい、そのとりまとめ
近所の人
父 背中が丸まっている
お菓子を食べている
父が家にいるのがうれしくて背中をさする

--------------------------------------
自然素材を使って小物を作る工房のようなところ
野菜や植物、木片などの作品
主催者の女性と話す
両親も偶々来ている 車ではなくそれぞれミニバイク?で来ている
帰りに私も実家に寄る
(実際には違う家の中、家族構成…兄嫁?がいる)
~~~
実家
トマトとひき肉、サルサソースを煮る
レタス、キャベツ
母、姉
お風呂が外に二つある
私が入ろうとしたら、近所の小さな子二人が入ろうとしている
外からリモコンで操作できる
仕方がないので、もう一方のジェットバス?の方に入ることにする

--------------------------------------
実家の近くの街
おりこうな犬を連れて歩いている

--------------------------------------
朝8時頃、どこかから帰ってくる
こたつでごろごろする

--------------------------------------
職場?見知らぬ人
見知らぬ人が生首を持っている
怖くも気持ち悪くもない
伍長?か隊長?らしい
その首だけの人としゃべる

--------------------------------------
実家?
2歳くらいの下ぶくれのあまりかわいいとはいえない子がいる
近所の子?親戚の子?
~~~
サラダを小分けにする
父が皿をだしてくる

--------------------------------------
四人で車で出かける
家族?友人?知らない人?
私は助手席
車というより箱のような乗り物
踏切
たくさんの電車が通り過ぎていく
外国の平原の景色のような感じ
途中で、食事?のために寄り道をする

--------------------------------------
学校?
風邪で3日休んだ後、学校へ行く準備をしている
まだ微熱があり、行こうかどうか迷っている
土曜日の時間割を見ている
数字11か6の教科書を探す
理科?と思ったら体育
体操着を探す
高校?の体操着(濃紺)が必要なのに中学の体操着(緑)しかない
夢の中で夢と気が付き(体育大嫌いなので)夢で良かったと思う
~~~
学校?職業訓練?自動車学校?
初日
皆で円になってテキストの読み合わせ
私は最初に指名され、60ページを開きたいのになかなか開けない
隣の人が開くのを手伝おうと手出しするのが邪魔

--------------------------------------
実家(場所は同じで建物は違う)今より少し洋風になっていてバルコニーの縁はグリーン色
全体的にはクリーム色
実家を見ている場所は、以前、実家が建っていた場所の部屋の中
居間のこたつでねころんでいると玄関がみえる
(たぶん)見ている建物には姉一家が住んでいて
こっちには両親と私が住んでいる。
ここからだとよくみえるので、今度父にも教えようと思っている。

--------------------------------------
旅行
京都?
母 他
遊具のような長い乗り物
端っこだと母が落ちそうで心配なので私が後ろに座る

日記(11/22)

昨日21日、ボジョレ・ヌーボー解禁。
本当はワインよりも日本酒党だけど
店頭で売られていてついハーフサイズのものを買ってしまった。
今日、ワイン用のつまみを用意して飲んでみた。
味の良し悪しはよくわからないけれど、
まあまあおいしい。

曼荼羅ぬり絵

11月9日
m131109


正木晃カラーリングマンダラ 春秋社

秋篠宮さま、48歳に 福島の生徒の言葉「非常に重く」

秋篠宮さま、48歳に 福島の生徒の言葉「非常に重く」
2013.11.30 08:42
 秋篠宮さまは30日、48歳の誕生日を迎えられた。これに先だって秋篠宮妃紀子さまと記者会見に臨み、
この1年で印象に残ったこととして、5月に福島市で、東京電力福島第1原発事故の影響で全村避難が続く
福島県飯舘村の村立飯舘中学校の仮校舎を訪れた際、生徒から元の校舎に通学したことがないことを
聞いたことを挙げ、「私たちにとって非常に重い言葉だなと感じました」と述べられた。
 宮内庁が発表した天皇、皇后両陛下の陵の規模を縮小し、火葬にするなどとした、
陵や葬送方法のあり方の検討結果について「今、日本国内ではほとんどが火葬になっている時代です。
そういうことから見ても、私は今回の発表にありましたように、
火葬にするというのは適切なことだと思います」と述べ、
「一体化した形の陵(みささぎ)を作るということも、
私は将来的なことも考えて適当なことではないかと思っています」との考えを示された。
 来月80歳になられる陛下のご公務は「非常に数が多いと私は思っております」とし、
「行事について何か工夫すべきことがあるかどうかということは考えていく必要があると考えております」
と話された。
 皇居・御所で月1回程度、天皇陛下、皇太子さまとともに宮内庁長官を交えて重ねている会合については、
「いろいろな事柄について見解を共有するということは、
私はそれ自体非常に意義があることだと思っています」と述べられた。
 秋篠宮さまはご自身が24歳、紀子さまが23歳の時に結婚されたことに触れつつ、
22歳になられた長女の眞子さま、来月19歳になられる次女、佳子さまのご結婚について
「あまり遅くなかったら良いのかな」との考えを示された。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/131130/imp13113008460002-n1.htm

48歳の誕生日を迎えられる秋篠宮さまとご一家=東京・赤坂御用地 (宮内庁提供) 
131130.jpg

文仁親王殿下お誕生日に際し(平成25年)
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/03/kaiken/kaiken-h25.html




秋篠宮文仁親王殿下、お誕生日おめでとうございます。

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ