伊勢神宮 遷御の儀

伊勢神宮でまもなく遷御の儀
10月2日 19時12分
三重県の伊勢神宮で20年に一度行われる「式年遷宮(しきねんせんぐう)」のクライマックスの行事
「遷御の儀(せんぎょのぎ)」が午後8時から始まるのを前に、
儀式を執り行う150人の神職たちが、神様がまつられている正殿のある敷地に入りました。

伊勢神宮の「式年遷宮」は、社殿や宝物などを20年に一度、新しく造り替える行事です。
内宮では、ご神体を新しい正殿に移す「遷御の儀」が始まるのを前に、
儀式を執り行うおよそ150人の神職たちが太鼓の音を合図に
ご神体がまつられている正殿のある敷地に入りました。
列の先頭には、天皇陛下のお使いや天皇陛下の長女で臨時祭主の黒田清子さんが並び、
たいまつの明かりの中、参道を進んでいました。
午後8時からは、秋篠宮さまや安倍総理大臣など、神宮から招かれた3000人の参列者が見守る中、
ご神体を移す「遷御の儀」が行われます。

1300年の歴史
伊勢神宮の「式年遷宮」は1300年の歴史が伝えられています。
中断されたのは戦国時代のおよそ120年だけで、太平洋戦争のあとは4年延期されました。
式年遷宮が20年に一度行われる理由は「木造建築である社殿の尊厳を保つため」
「宮大工などの技術を伝承するため」「20年は人生の区切りと考えられるため」など、
さまざまな説があります。
式年遷宮の行事は8年にわたって続き、合わせて33の行事や神事が執り行われます。
62回目を迎える今回も平成17年から行事が始まり、
社殿や鳥居など65棟の建物と宝物や装束など1600点が新調されました。
そのために、地元のほか、長野県や岐阜県のヒノキの木が1万本余り使われたということです。
一連の費用はおよそ570億円が見込まれています。
式年遷宮で最も重要な行事となるのがご神体を新しい正殿に移す「遷御の儀」です。
内宮のご神体は三種の神器の一つの「ヤタの鏡」で、白い絹のとばりに覆われて、
午後8時、すべての明かりが消されて雅楽が演奏されるなか、およそ150人の神職によって、
現在の正殿の隣に建て替えられた新しい正殿へと移されます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131002/t10014983821000.html

日記(10/3)

伊勢神宮、内宮の遷御の儀、現地で見たかった。
伊勢神宮には何度か行ったけど、本当に良いところ。
今年は難しいけど来年にはまた是非行きたい。


あまちゃんが終わってもう数日経つけど
職場ではまだあまちゃんの話をしている人が何人もいる。
「あの場面の意味教えて」とか「第〇回見逃したけど、あれはどうなってああなったの?」とか。
多くの人を夢中にさせたドラマだったんだなと改めて思う。
あまちゃんが終わって少し寂しく、でもやっと解放されたという思いもある。
続編を希望する声も多いらしいけど、私は続編はいらない。
スピンオフであればあってもいいけど、本筋はあれでおしまいということでいい。
続編をやるとろくなことにはならない。

毎朝5:50に目覚ましをかけ、すぐにテレビをつけて
起き上がる6:00までは横になったままじっとしている。
NHKの朝5:55~、音楽と風景を背景に天気予報をやっていて、
音楽と映像は月替わりなのだが、今月の曲は「あまちゃんサントラより」(という字幕)
楽しげなオープニングの音楽ではなく、ドラマの中で流れていた静かな曲。
東北の都市の中継映像の後、今月は秋田の由利高原鉄道の可愛い電車の車内外の映像。
東北地方全部の天気なのでたぶんNHK仙台放送局エリアだけでなく、東北六県全部に流れていると思う。
毎朝、そろそろ6時だから起きなければと憂鬱になるんだけど
今月はあまちゃんを思い出しながら、ちょっと心地よい目覚め。

夢2013年10月

プールに行って、そのあと買い物に出かけようと計画を立てる
服はその時買えばいいやと水着でひとりででかける(スクール水着)
地下鉄 プール おまつりのようなフードコートのような店
やはり服を持って行かなかったのは失敗だっとやっと気が付く
家へ戻りふて寝する
母、姉、食事

-----------------------------------
弁当山、三角山
木が無くなっている
中国人が買い占めて木を切っているらしいという話を聞く
崩れるかもしれないと心配する
~~~
どこかの展望台
たくさんの人
母、他

-----------------------------------
和尚さん テーブルで書き物をしている
お茶を出そうと思ったらすでに誰かが出している
~~~
神棚(? 和尚さんなのになぜか)に供える皿を探す
戸棚にあったはずなのにない

-----------------------------------
昼寝から覚めると親戚のYさん、Mさんが家に来ている
部屋の中は昔の実家の間取り、建具
部屋がちらかっていてあわてて片づける
Yさん、Mさんの他にその子どもたちまたはその姪たちもいる
(実際の今の年齢よりも幼い)
おかしや瓶牛乳も持ってきていて、その子達が飲み食いしている
あまった瓶牛乳があり、それは私が飲んでもいいのだろうか…と迷う
母がどこからか帰ってくる
座敷をみると、仏間の中央に焼香台があり、拝んだ形跡がある
近所の人も集まっている
私の葬式だったらいいのに…と思う
父の写真に向かって、「もう、そっちへ行ってもいい?」と聞くと、
写真の父はにやっと笑い、写真が紙に変わり、ぺらりとまがる
外に出てみる
実家周辺に似ていて、全く違う景色
もっと山が深い
土手の工事をしている人たちがいる
すいすいと泳ぐようにその辺をさまよう
どこかに行ってみようと、山あいを通り、トンネルに入り
トンネルにも飽きて、窓のように明るいところをみつけて
そこから外にでる
海辺の街。夜。道路の看板?から八戸らしいということがわかる
海が道の先の方に見える
道のそばに川があり、逆流していて、洪水か津波かと思ったが
そんなに勢いは強くない
もっと南の暖かい、明るい方へ行けばよかったと思う

-----------------------------------
ゴミだし
適当に捨てかけるが、結局仕分けする
~~~
実家、立て直す前の家の部屋(夢の中の設定では私の部屋?)
ブラウン管のテレビ
誰かが置いたらしい
入らないのでしまうように姪にいう
ココアの飴を返したとか?なにかで
家族がもめている
~~~
実家から仕事or学校へ行くため、朝に家を出る
庭で姉が「明日も行くべき」とか「毎日ちゃんと行ってね」的なことを何気なく言ったが
それがとても気に障り、私は言い返すが、口が思うように動かずしゃべれない。
怒りを表現したくて、車止めのポールや鎖を引っこ抜いて暴れた
(目が覚めても怒りの感情)

-----------------------------------
実家付近?でも海がすぐそばにある(同じ景色がよくでてくる)
家族で車に乗っている
海沿いの道を走り、温泉ランド?のようなところへ行く
家族以外に見知らぬ人一緒?
売店で食べ物などいろいろ買う
そのお金はあとで割り勘請求されるのだろうか
姪たちは食べ物をたくさん買っているのに…と心配になる
甥が私に右傾雑誌を買ってくれるというのでうれしい

-----------------------------------
学校?卒業?
職員室 
簡単そうな仕事をしている臨時職員のボブの女性
グリーン色の服を着た男性
~~~
旅行の準備

-----------------------------------
引越し予定の家?
道路から少し奥まっている
ゆるやかな傾斜があり、若干低いので
洪水や津波の時は大丈夫だろうか?と思う
一人で暮らすには大きな家
階段もあるが階段の一段ずつに物が置いてあって登れない
旅行?
3泊4日?
あまり排水状態が良くないところで髪を洗う
アクセサリー、たくさんあってどれを付けようか迷う
おおぶりのネックレスもある
さかなくんにもアクセサリーをもらう
エスカレーターを降りるが、足元をちゃんとつけていない
飛び跳ねるようにやりすごす

-----------------------------------
前の住人の荷物がまだそのままある
古いがお風呂やトイレはきれいにリフォームされている
室内に土間の物置がある
母と姉と一緒に室内を見て歩く
母は、私がまだ引越ししていないというのに
室内にある前住人の服を着たりしている

-----------------------------------
実家 箱におかし(パン?)が並んでいる
食べる
~~~
駅?飛行場への抜け道を探す
荒地 草
土手を上る
~~~
(テレビの一場面のような感じ)
何らかの理由があって見知らぬ小柄の女性の首元を日本刀で切る
とどめはさせず、その女性は誰かと一緒に窓から飛び降りる
道路側の窓は避け、中庭側の窓から
ビルの高層階?
飛び降りた二人は親戚の夫婦?だったらしく
こういう場合、香典は二人分?などと近くの人と話し合う。

日記(10/12)

晴れているかと思ったらぱらぱらと小雨が降ったり
急に強い風が吹いたり、また晴れたりで安定しない天気。

県知事選の期日前投票に行ってきた。
投票所は結構、たくさんの人がいた。
7月の県議選は某を落とすための投票をし、
この前の市長選はどっちも投票したくない人で、どうしようと思ったが
今回の知事選は迷いなし。現職一択。

帰りに来年の暦を買った。

今週は疲れた。ぐったりと疲れ、肩も凝っているので
ちょっとストッレチ。
これから豚もやし鍋で晩酌する。

日記(10/14)

電気鍋を買った。
レコルト。
形がかわいいし、蒸し物、鉄板、通常の鍋といろいろ使えそう。
試しにごく普通の鍋として使ってみた。
最初に温度が上がるまではちょっと時間がかかる。
コードも短くてテーブルの方を動かさなければならなかった。
でも使い勝手はまあまあ。
レシピ集もついていたので、これからいろいろ作ってみようと思う。

日記(10/16)

ひさしぶりに傘がキノコになった。

「きゃっぽり」という方言が通じる人を久しぶりに発見した。
わたしのきゃっぽり分布図外出身の人。

実家に電話してみたら、向こうは風雨はそれほでもなかったらしい。
でも栗駒山で迷子になった人は昨日のうちに無事にみつかって本当によかった。

日記(10/18)

突然ドライヤーから温風が出なくなった。
掃除機もこの間からホース部分が壊れ、補修して使っている。
シェイバーもたまに電源が入らなくなった。

それぞれ買った時期は違う。
なぜ同時期に寿命?がやってくるのか。

ドライヤーは結構長く使っているので買い換えようと思う。
掃除機はホース部分を買えば(売っているかどうかはわからないが)なんとかなるかも。
シェイバーは充電できなくなった?コンセントを入れて使えば使えるけど不安定。
中の充電池?を換えればいいのだろうか?説明書に開け方は書いてあるけど、
開かないし販売店にご相談くださいとも書いてある。←新しいのを買った方が安い?かも。

遊覧船 再開

東松島の遊覧船 20日に再開
10月18日 18時43分
東日本大震災によって運航を休止していた東松島市の遊覧船が20日、
運航を再開するのを前に試乗会が開かれました。
この遊覧船は、東松島市の第三セクター奥松島公社が運航するもので、
波や風によってさまざまな形に削られた白い岩肌が美しい宮戸島の嵯峨渓などを巡ります。
おととしの震災では津波によって船の発着所や4そうあった船がすべて流されたため運航を休止していました。
その後、2そうの船が見つかったほか、高台に近い場所に新しい発着所が完成したことから
20日から運航を再開することになりました。
18日は試乗会が行われ、報道関係者が2そうの遊覧船に乗り込み、
およそ1時間かけて嵯峨渓の岩肌や小島を見て回りました。
このうちミサゴという鳥が羽を広げた形に見える「みさご島」は
津波によって島の真ん中の部分が崩れて2つに分かれていますが、
切り立った白い岩肌とそこに生える緑の松などが美しい姿をとどめていました。
奥松島公社の大沼雄吉社長は
「遊覧船の運航再開は、東松島市の復興にとって第1歩になる。」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20131018/4968511.html



ようやく明日、運航再開。
子供の頃に乗ったことがあるけど、いろんな形の岩があったという位の記憶しかない。
昨日の夜と今朝、このニュース映像を実際にテレビでみたけれど
以前は、表面に日本列島の形のように見える模様がある岩だったが
津波で模様の半分が崩れて、関東以西の部分だけが残った、という話をしていた。
本当に西日本の形の模様だった。
まるで現実を象徴しているかのような岩…



日記(10/23)

昼食時に、水筒に持って行った熱いお茶をフーフー吹いて飲んでいたら
「〇〇さんて猫舌? いつも熱そうに飲んでいるよね?」と言われた。
今まで自覚はなかったけれど、確かに猫舌なのかもしれない。


家族の中では母や上の姪がぬるい味噌汁が好きで
それは猫舌(本人がそう言っている)でもあるし、食の好みがぬるいほうが好きでもあるので
好みと体の反応が一致しているから、いいんだけど
私の場合はなかなか飲めないくせにぬるいものは嫌いで
温かい食べ物は熱々じゃないといやなのでめんどくさい人なのかもしれない。
自分で作ったものを自分で飲み、食べているので別に誰にも面倒はかけていないけど。

冷めるのがいやで、水筒は飲み物を詰める前に熱湯で温めておき、カバーもつけているので
昼でもかなり熱さを保っている。
本当は自分の舌に合わせて、飲みやすい温度にしたものを持っていくべきだったのか…
そんなこと考えもしなかった。


猫舌。
猫だなんて…うれしい…かも



前から気になっていた首らくらくサポーターを買った。
肩こりとか頭痛とか、めまいとかにもいいらしい。
でも息で空気を入れて膨らませることに難儀して、早くもくじけそうになった。
くらくらしながらなんとか膨らませてつけてみた。
今日から試してみることにする。

日記(10/26)

夜中の地震、結構長かった。
地震の少し前から目を覚ましていたが、テレビをつけて地震情報をみたりしたせいか
その後なかなか眠れなかった。
ようやくうとうとしかけたと思ったら
また揺れたりして、ちゃんと眠ることができなかった。
今日は休みで朝寝が出来たので、良かった。


首らくらくサポーター、いずい。
首に異常がある人ほど、苦しく感じてすぐに外したくなるそうだ。
もともと頭痛や肩こりが酷いので首が正常な状態ではないのは確かだけど
それだけでなく、密着部分が痒い。
きっと夏はもっとかぶれそう。

第1766回「あなたは〇〇音痴?」

FC2 トラックバックテーマ:「あなたは〇〇音痴?」



運動音痴と方向音痴
球技が壊滅的にだめ
現実の球技だけでなく、ファミコン上のテニスとかも苦手。
現実に失敗するような失敗をゲーム上でもしてしまう。
おそらくなんらかの機能が著しく劣っているのだろう。
方向音痴も酷い。
自信をもって「こっち!」と思ったときほど間違っている。
地下道の出口はちゃんと思ったところに出られる確率は60%位。

曼荼羅ぬり絵

10月6日
m131006


正木晃カラーリングマンダラ 春秋社



10月13日
s131013

10月27日
s131027


心を癒すマンダラめり絵 監修鈴木智子 竹書房
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ