日記(6/1)

夜明けが早く、朝も早く目が覚める。
今の気候が一番快適。


もう何年も手軽なコーヒーショップに行くことが多かったけど、
友だちと雰囲気を楽しむために久しぶりにちゃんとした喫茶店に行った。
とても落ち着くし、コーヒーもおいしい。
静かだし。
たまにはいい。高いけど。

寛仁親王殿下ご逝去

寛仁親王殿下ご逝去 66歳
2012.6.6 16:01 [皇室]
三笠宮家の長男で、天皇陛下のいとこにあたる寛仁親王殿下が6日午後3時35分、
入院先の東京都千代田区の杏雲堂病院で逝去された。
66歳、皇位継承順位は第6位であられた。障害者福祉などに心血を注がれる一方、
気さくなお人柄で国民から「ヒゲの殿下」と親しまれた。
一般のご葬儀にあたる「斂葬(れんそう)の儀」は、東京都文京区の豊島岡墓地で執り行われるとみられる。
寛仁さまは平成3年以降、がんの治療を受け、今年1月にも下咽頭から口腔のがんを切除する手術を受けられた。
3月2日にのどの軟骨を切除する手術を受けたが、今月1日、口内から出血がみられた。
5日に腎臓や呼吸器系の機能にともない意識レベルも低下し治療が続けられていた。
寛仁さまは昭和21年1月5日、昭和天皇の末弟、三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下の長男としてご誕生。
学習院大学法学部を経て、戦後、皇族としては初めての海外留学で英オックスフォード大学に学ばれた。
大変なスキー好きとして知られ、スキーを通じて身障者や青少年の福祉などに取り組まれた。
55年11月、故吉田茂元首相の孫にあたる信子さまとご結婚。
長女の彬子(あきこ)さまと二女、瑶子(ようこ)さまをもうけられた。麻生太郎元首相は信子さまの実兄。
昭和57年には「社会福祉活動に専念したい」などと皇籍離脱を申し出られたこともあった。
平成3年にがんを患った際に病名を公表し、がん告知の議論にも一石を投じられた。

http://sankei.jp.msn.com/life/topics/life-14984-t1.htm


===========================

寛仁親王殿下はお若い頃には奔放な面もあったようだが、
女系天皇容認の考えには、異議をとなえていた。
宮内庁長官から注意されてもそれは一貫していた。
大切な御方がお亡くなりになってしまった。
残念である。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

第1443回「お店のサービスで嬉しかった事や物は?」

FC2 トラックバックテーマ:「お店のサービスで嬉しかった事や物は?」

お店のサービスではないんだけど
子供の頃、風邪をひいた時にかかっていた病院では
注射を泣かずに我慢するとピカピカの10円をくれた。
サンポールで洗ったかのようにピカピカだった。
小学校に上がるまではもらえたように記憶している。

嬉しかったというより、印象深く覚えている。

意味不明のおまけ

おまけ


明星中華三昧涼麺(3袋入り)のおまけ
無地のパズル

…説明だと、絵を描いたり文字を書いたりしてメッセージカードとして使えるらしい…

ふーん…

夢2012年6月

T町
バス停を探していたはずだが、岩場の高いところに彫ってある神仏があるところに辿りつく
祈る
~~~
高台に街
病院、店、野球場(ナイターの照明がついている)、サッカー場
歩いていると大きなボール(バスケットボール?)が飛んでくる
その場にいた(夢の中での)知人がボールを拾っている

-----------------------------
街で、学校時代の同級生?または一学年下?の知り合いにばったり会う
~~~
昔の実家
両親、姉
ノート 新聞の切り抜き
~~~
神社かお寺のようなところ
緑の布が掛けられた祭壇
よい榊立なので、買いたいと思う。ひとつ1600円
休日の午前中、めいっぱい姉と出かける
温泉にも行こうなどと話す
~~~
昼 母がうどんを作っている
私は座敷でのんびりしている
部屋は帰る日だというのにパジャマも洗わず、そのまま
コップに入った水を見ていると、何もしていないのに炭酸のように泡がでる、または沸騰?
父が車で帰ってくる
外は雪 猫が数匹 戸口のそばにいる

-----------------------------
旅行
帰る日 
荷物の整理 たくさんの新しい服を持ってきたが着なかったものも多い
それらをバッグに詰めている
~~~
田の中を歩く
田植えしたばかりの田
苗を踏まないように、でも速足で飛ぶように歩く
晴れている
いつの間にか水が増えて海の波のように見えるところもある
地面を探し、そちらの方向へ急いで歩く

-----------------------------
会津に住んでいる
仕事?学校?
四角いマウス

-----------------------------
実家
仏間に仏壇がない
扉をたくさん開けるけどない
~~~
母とどこかを歩いている 旅行?
母は弱っていて、長い時間、栄養不足になると大変とのこと
支えて一緒に歩く
タクシーを探す なかなかない
~~~
後日、今度は父と車で同じところを通る
どこかのお店の人が大きな煎餅を車の外から差し出すので
手で触る 煎餅が手にくっついて取れないので振り落す

-----------------------------
学校?卒業?
机の中を片づける
机の中はかなり奥行があり、いくつかの箱で仕切りをしている
宿題?のプリントが何枚があって、それをやらなければ…と思っている
スーツ
スカートはフレアースカート
良い生地だと思う
(夢の中での)クラスメートと、どこの生地がいいなどと話す
クラスメートのスーツは襟の形が良い

-----------------------------
学校?習い事?教室
椅子を探す
帰りは靴を探す

-----------------------------
見知らぬ人が駆けてきて私に指輪をくれる
右手中指なので意図がわからない
(夢の中で)後で意味を調べようと思っている
その指輪は折りたたみの触覚のようなものがあり
傘の骨のように、あるいはタオル干しのようにぱっと開く

-----------------------------
送られてきた荷物の中に白菜の種があり
こっちでは育てられないので誰かにあげようかと思う
~~~
袋から溢れんばかりのコーヒー
~~~
仰向けに寝ている
部屋と廊下の境の引き戸の上の欄間部分の溝に飾りがついていて
それがその溝をレールのように使って、行ったり来たりしている

-----------------------------
(実際とは違う)職場 新しい職場?に転職している
人は学校時代の知人や元同僚など
ビルの2階
いまひとつなじめない
~~~
干しシイタケ
~~~
テレビ?風穴巡り?の特集をやっていて、知人が出演している

-----------------------------
橋 かなり高いところにある
エレベーター
父と歩く

-----------------------------
大阪?から、フェリーに乗ってどこかの島へ行く

-----------------------------
職場?
キャラクターのなんとかカード(マニアがコレクションするようなタイプのカード)を
スキャンしてほしいと言われるが、断る
箱入りのカップ麺が机の下に大量にある

-----------------------------
バス 朝早い時間に乗っている
郊外へ向かっている
乗客 私以外に3人くらい
乗ってから、途中で路線が分かれて、別方向へ行くらしいので
分岐点で降りなければならないことに気づく
朝6時半? 7時半?
ショッピングモールが見える
ディズニーショップもある
小さな子供連れの母親が門扉を開けて入っていくのが見える
こんな早い時間でも開いているらしい
降りる停留所がよくわからないが、(夢の中で)知っている建物が見えるので降りる
他の乗客としゃべる
運転手がいなくなっている

-----------------------------
学校
日直?
287
~~~
食事
自分の買った食材を料理してもらう仕組み
キャベツを八つくらいに割って揚げ、春雨も揚げて盛り付けたような料理
鶏肉の料理
おいしい

-----------------------------
寝坊
布団をしまう場所がない
~~~
同僚が黒板に文字を書いている
~~~
パンがたくさんある
消費期限が迫っているので早く食べなければならないと思っている
アップルパン、チョコパンなど
 
-----------------------------
地震
職場?ビルの中から周りを眺めている
建物がバラバラと崩れ落ちていく
次に見たときには一面が海になっている

寛仁親王殿下斂葬の儀

寛仁さま しめやかに「斂葬の儀」
2012.6.14 12:02
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120614/imp12061412030002-n1.htm

6日に66歳で逝去された寛(とも)仁(ひと)親王殿下の本葬に当たる「斂(れん)葬(そう)の儀」が
14日、東京都文京区大塚にある豊島岡(としまがおか)墓地でしめやかに営まれた。
喪主を務める寛仁さまの長女の彬子さま、皇太子ご夫妻をはじめとする皇族方が参列されたほか、
親族、野田佳彦首相ら政財界の関係者、各国駐日大使など計約650人が参列した。
寛仁さまのご遺体は午後に東京都新宿区の落合火葬場でだびに付された後、再び同墓地に戻り、
夕方に墓所に埋葬され、永遠の眠りにつかれる。
斂葬の儀の「葬場の儀」は、寛仁さまのひつぎを乗せた車の到着を待ち、午前10時に始まった。
寛仁親王妃信子さまの義兄で、旧陸奥中村藩主の相馬家33代当主・相馬和胤氏が司祭長として
儀式の進行を担い、寛仁さまの生前のご活動や、お人柄をしのぶ祭詞を伝統の大和(やまと)言葉で読み上げた。
天皇、皇后両陛下はしきたりに従って参列されず、勅使を務める宮内庁の川島裕侍従長と皇后宮使の
高橋美佐男侍従次長が玉ぐしをささげた。続いて皇族方が拝礼され、親族や各界関係者らも続いた。
寛仁さまの両親の三笠宮ご夫妻も、ともに車いすで拝礼された。
ストレス性ぜんそくなどのため療養を続けている信子さまは参列されなかった。親族総代は信子さまの兄、
麻生太郎元首相夫妻が務めた。
皇族の葬儀は平成16年12月の故高松宮妃の斂葬の儀以来。このときには寛仁さまが喪主を務められていた。




_____________

皇族の方のご葬儀と自分の家のを同列に語るのは大変失礼だが、葬儀一連の儀式の中でも火葬は特につらい。
神式の火葬についてはよく分からないが、棺にふたをして釘を打ち、炉に入ってその蓋を閉じる時は
心が千切れそうになるほどに苦しくてつらかったことを思いだす。
こんなふうに全部同じ日に執り行うのでなく、火葬の翌日に葬儀、
納骨は四十九日に合わせてという形だったので
ひとつひとつの儀式を終えていく毎に辛さはなんとか落ち着いていった。

お二人の女王殿下が泣いている映像をみたが、もらい泣きしそうになった。
寛仁親王殿下のご両親である三笠宮両殿下も、さぞかしおつらいことと思う。
寛仁親王殿下、どうか安らかにお眠りください。

第1446回「飼っているペットに一言伝えられるならなんて言う?」

FC2 トラックバックテーマ:「飼っているペットに一言伝えられるならなんて言う?」


一言だけでなく、普通に会話する。
以前、実家で猫を飼っていた頃は会話していた。言葉は通じていた。
朝晩の挨拶、お礼などこちらからも、向こうからもごく普通に。私も家族も。
「畑に行くからついてきて」
「へびがいるかもしれないから私の前を歩いて」
と言えば、猫はその通りにしてくれたし、「室外機のホースで爪を研ぐな」等の禁止事項も一度で通じた。
向こうが「水をくれ」と言っているのも、構いすぎると「余計なことをするな」と言っているのもわかった。
餌が気に食わなくて「こんなもの食えるか」と猫が言っているときは聞こえないふりをした。
言葉が通じるというより、気持ちが通じていたとも思えるのだが、冗談は通じなかった。
「いい模様だねえ。こんな毛皮の襟巻ほしいな」と言うと本気で怒っていた。
冗談が通じないということは、やはり気持ちではなく言葉そのものが通じていたのだろうか。

飼い猫でなくても、道端で猫と目が合えば、いちおう「おはよう」とか「こんにちは」と声をかける。
「よっ」位しか返事をしない猫もいるし
「ねえねえ聞いてよ」としゃべり続けて話を中断するのが大変な猫もいるし
挨拶を無視したかと思えば、通り過ぎてからもこっちを盗み見ている猫もごくたまにいる。
これは猫も近所のオバサマ方も同じ。

日記(6/18)

地震で目覚めた。

ずっと梅雨寒が続いていたが今日は気温が上がった。
昼にちょっと外に出てみたら、それほど暑くもなかった。
明日からはまた低い気温に戻るらしい。

このところ、昔からあるようなゼリービーンズが無性に食べたくなって
あちこち探したけどなかなか見つけられないでいた。
以前は無印にあったのに、無くなっているし
輸入食品を扱っているところに似たようなお菓子はあったけど、欲しいと思っているのとはちょっと違う。
駄菓子屋さんにも、大きなスーパーにもなく、
前は近所の和菓子屋さんで小瓶に入って売っていたのを思い出して覗いてみたけど金平糖しかなくて
ヨークベニマルにはあったと思うけど、遠くて行くのが面倒だし、もしも無くて無駄足になったらショックなので
まとめ買いになってしまうけど、通販で買ってしまった。
12袋。こんなにいらないけど、1年位は持つのでちびちび食べよう。

大きな透明な瓶に入れて保存するのはきれいでかわいいけど
今の季節、開封したものはすぐにべたべたとくっついてしまうので
ジャムが入っていた小さな小瓶に入れて冷蔵庫へ。

日記(6/21)

夏至

今年の夏は暑くなるのだろうか?
この辺りは、そうでもなさそうな気がする。

それほど暑くもないのに、もう冷房入れたがる人もいるし
恒例の冷房操作抗争の季節がやってくる。
よく、おじさんは暑がりだというけれど、
冷房の操作権と口出し権があるのは、在職年数や正規非正規には関係なく、年齢高めの女性だったりする。
私も若くはないが、年中暑いという状態にはまだ至っていない。
冷え症が一転して、もしそうなったとしても職場で自分中心に冷房を操作したりはしない。
「節電」の印籠が目に入らない人もいるので、どうなることか。


今日は内陸震源の小さな地震が連発している。

尖閣

【月刊正論】
[特集]対中防衛最前線の島々で 地元市長が吠えた!石原構想に全面協力、尖閣は我らが守る

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120616/bks12061617110005-n1.htm

石原さんの構想が一日も早く実現できるよう願っている。
石垣市の市長もこの計画を支持しているということ、市民の間に反対運動はないということで安心した。
改めて、国(民主党)は尖閣問題を解決する気がないということがよく分かった。
この構想を邪魔する勢力は中国だけでなく国内にも蠢いている。
尖閣はそもそも日本の領土なのに、ここまでしなければならないとは嘆かわしい。

地域の違い、宗派の違い、個々の違い

この前、ここで葬儀について
火葬の翌日に葬儀云々と書いたが、地域によって、または家によってやり方は様々だと思う。
火葬場の状況によっても違う。
ちょっと調べてみただけでも、いろいろな地域の特色があるのだということがよくわかる。
だから、いちいち反論はいらないです。


葬儀はまだまだ地域の昔からの風習が色濃く残っているように思った。
精進落としの宴以外は、すべて自宅で行い、
田舎なので、本家がどうとか、近所の手伝い組とかなんだりかんだり、
それはもう、故人を悼むひまもないくらい、煩雑だった。
家族だけで見送りたいと思ったけど無理だった。
遺影を持つ人、遺骨を持つ人まで家族の気持ちを無視して親戚や近所の長老に勝手に決められてしまう不条理さ。


2年近く過ぎた今、ようやく少しずつ冷静に振り返ることもできるようにはなったが、
お葬式のお経やら和尚さんの不思議な小道具等々
…うちは浄土宗だが、宗派によっていろいろ違うらしい…
まだまだわからないことだらけだ。
そして故人が旅立つその日に合わせるかのように起こった不思議な数々の出来事
そしてお葬式だというのに不謹慎ながら笑ってしまうような事件(実際に笑ってはいないが)など
いつか書きたいとは思うけど、もう少し経ってから。

一連のことを通じて思ったのは
葬儀にまつわる一連の行事は、故人のためであり、見送る人の区切りのためでもあるということ。


日記(6/26)

今期の朝ドラはちゃんと観ていないけど
観ている同僚の話によると、かなりイラつくらしい。
カーネーションは出演者入れ替えするまでは同僚や友人間での評価も高かったが
今期のは話題にしたとしても、話が面白くないとか、医療を馬鹿にしているとか、天花レベルの事故? 等々
一番の悪評は「復興節」(ドラマの中ののど自慢で鶴ちゃんが歌ったらしいが)
わざとらしさが不愉快だと被災者の友人が大激怒
「復興応援ごっこ」はやめてほしいそうだ。

そんなに酷いと聞くと、ちょっと観てみたくなる。

女性皇族は尊称保持 皇室典範改正の柱に 政府方針

女性皇族は尊称保持 皇室典範改正の柱に 政府方針
2012.6.28 01:37
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120628/plc12062801370000-n1.htm

皇室典範改正をめぐり、政府は27日、女性皇族が結婚後も「内親王」などの尊称を保持し、
公務を継続できるようにすることを改正案の柱に位置付ける方針を固めた。
女性皇族が結婚後も皇室にとどまる「女性宮家」創設には「女系天皇容認につながる」として
反対論が強いことから妥協案として浮上した。
天皇、皇后両陛下のご負担軽減や、将来にわたる皇室活動の維持発展にもつながるため、
政府は年末までに改正案をまとめ、来年の通常国会提出を目指す。
現行の皇室典範では、女性皇族のうち天皇の子、孫を「内親王」、ひ孫以下を「女王」と規定。
女性皇族は、皇族以外の人と結婚すれば皇室を離れ、夫の姓を名乗ることになっている。
新たな改正案は、女性皇族は、結婚しても、内親王や女王の尊称を保持し、
皇室の公務を続けることができるようにする。
この際、身分を終生皇族とするか、民間とするかどうかが今後の議論の焦点となる。
当初の典範改正の目的である女性宮家創設に関しては今後も検討を続けるが、
政府内では「尊称保持を先行させた方が円滑に改正できる」として先送りすべきだとの意見もある。
また、天皇陛下の長女で結婚後、民間人となった黒田清子さんの皇族復帰に関しては、
皇室典範改正だけでなく新規立法の必要があるため見送る公算が大きい。
戦後、皇籍離脱を余儀なくされた旧11宮家の復帰や、旧宮家の男系男子を養子に迎えられる制度改正も
先送りとなる見通し。
女性宮家創設に関しては、女性皇族が一般男性と結婚し宮家を創設した場合、
子供が史上例のない女系皇族となるため、男系継承堅持を求める慎重派は「女系天皇容認につながる」と
反発してきた。
政府が実施している有識者ヒアリングでも、ジャーナリストの櫻井よしこ氏は
「皇室の本質を根本から変えかねない」と反対を表明、百地章日本大教授らも異議を唱えた。
ただ、櫻井氏も女性皇族の尊称保持については「皇室の未来に明るいエネルギーを注入する」と賛意を表明。
百地氏も明治憲法下の旧皇室典範でも称号保持が認められていたことを理由に賛意を示した。



-------------------------------------------

女性宮家創設には反対してきたので、とりあえずは良かったが、
旧宮家復帰は、今後の皇統護持を考えると、いずれは検討しなければならない。
宮家復帰まで至らなくともこれから生まれる旧宮家の男系男子に皇位継承順位を付けるなど
万が一悠仁親王殿下に男子が生まれないことを想定した場合の皇位継承について、
平成の御世のうちに道筋をつけてほしい。次の代になってからの議論は危険。

日記(6/30)

先日、気温が低いと書いたが
昨日と今日は暑い。
でもまだまだ冷房なしで耐えられる暑さ。

今年も半分過ぎた。
明日からは七月。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ