切る

いやになった人、付き合うのが面倒になった人との関係を切るということを今まで何度かしてきた。

着信拒否という便利な機能は有り難い。


駄目になるポイント
共通しているのは

人の家の冷蔵庫を勝手に開ける
ことわりなしに人のものを使う
人の家で自分本位にテレビをみる
人の家のエアコンを断りなく操作する
ずうずうしい
振り回す
時間にルーズ
勧誘する
考えを押し付ける
物を押し付ける


相手によって駄目だと思うのは

呼び捨てにされる
小馬鹿にされたと感じる態度(相手は親しみをこめているつもりなのかも)
何度同じ事を言っても分からない(馬鹿)
思い込みが激しい


駄目だと決定してもいきなり着信拒否にはしない
電話帳登録名をわかりやすい拒否名に変えておく
個別設定で呼び出し音(電話、メール)をOFFにしておく
電話やメールがあっても無視
その後複数回の着信あるいは三ヵ月後に完全に着信拒否設定にする

初めの無視段階で気がつく人もいるが気がつかない人もいる
わざわざ共通の知人を介してどういうことなのか聞いてくる人もいる

できれば いつの間にか音信不通になったという形に持っていきたい
「どうしても合わない」は男性にならば言う


こんなことはめったにはしない、というか2、3回だけ。
でもいつの間にか音信不通は自分がされている可能性もある。

職場や組織では合わない人とでも表向きはおだやかにやっていかなければならない。
↑上のように切るのはプライベートなお付き合いのみ。

付き合わないほうがお互いに不愉快な思いをしなくて済む。
わたしはいやなのを我慢してまで付き合う気はない。

第707回「うどん派?そば派?」

FC2 トラックバックテーマ:「うどん派?そば派?」

どちらも好きだけど、どちらかを選ぶとしたらそば
とくにざるそばが好き
ゆで方もつゆもかなりのこだわりがある
そば湯も必ず飲む
薬味はねぎとわさび

そばは主食でありながら酒のつまみにもなる

ちりとてちんで覚えた
だいこんおろしとしょうゆ、ねぎときざみのりとかつおぶしという食べ方もおいしい。

何年か前に旅先で食べた身欠きにしんの天ぷらそばはおいしかった。

そばは好きだが自分で打って食べようとまでは思わない。(力仕事は苦手)

やる気

○ヶ月更新でなんたらかんたら~という説明を聞いていると
○月だときりがいいかな
お盆しっかり休みたいから7月末にしようかな
○月まで働けば、失業保険がもらえる…
などと、いつも辞める時期をまず考えてしまう。
長く働きたいと思っているはずなのに、
なんでか、「いつまでにしようかな~」と考えるくせがある。

テレビ

たかじんのそこまで言って委員会
皇室の話題だったので観てみたが…

西尾さんの話を遮る辛坊さんにうんざり
時間も短く、全体的に中途半端な感じ。

辛坊さんと所さんの論点ずらしと
大高さんのなにも分かっていない様子に腹が立った。

それでも雅子さんの行状
公務さぼり、奉仕団へのご会釈さぼり
天皇陛下に会おうとしない
皇室の伝統行事がいやでいやでたまらない
皇太后の葬式をサボったのに自分の祖父(公害企業社長)の葬式には
皇太子まで連れて参列したことや
外務省が皇室内に入り込んでいること
仮病?
小和田父のでしゃばり
等等、テレビで言われるようになったことは進歩

さすがに廃太子とか譲位(皇太子)まで話を持っていくのは
今は無理だと思うが、少しずつ動き始めている気がする。
三宅さんはやむをえないとかなんとか言っていた。

西尾さん、いろいろしゃべったのはいいけど
身辺が心配。
雅子さんの背後は何をするかわからない。




四月

今の職場は私も新人だが
別の部署には新卒の新人さんが入った。
この春学校を卒業したばかり。
その子を見ていると自分が新卒だった頃を思い出す。

社会にでたばかりの頃は無垢な心で仕事に取り組んでいた。
それに、なにもかもが初めてでわくわくしていた。

なんでも一から丁寧に教わり、面倒をみてもらっているのをみていると
ちょっとうらやましいと思ったりもする。
うらやましい=あの頃に戻りたいということではないけど。
中途採用は求められているものが違う。
ちゃんとそれに応えられるかどうか、
またおかしなところには目をつぶって自分を適応させていくか…
そんなことばかり考えている。
仕事を覚えていく楽しみ というのはもうない。

その子は一人暮らしも初めてで
自炊が楽しいとか、自分のアパートに帰るのに道に迷ったとか
遠い昔に自分が経験したことと同じようなことを
毎日楽しそうに話している。

私はもう、すっかりしなびてしまった。
社会人としては、まだ半分くらい?の道のりだけど
もうくたびれきっている。
人生においても、平均年齢から考えればまだ半分にもいっていないが
もう数年前から折り返した感がある。
先が短くなることが寂しいのではなく
まだ半分もあるのか(もう疲れた)
やっと半分、やっとここまで来た(疲れた) 
…という思いが強い。

新社会人と年齢の違いがわずかだった頃は、
ちょっとしたことが目に付いていたものだが
今は、多少世間知らずな言動をしても
初々しいとか、かわいいとか、しょうがないよ という目でみることができる。

新鮮な新社会人を見ていると
こちらも少しは元気になれそう。
↑こんなことを思うこと自体、もう年なのか。


第711回「花見での失敗談」

FC2 トラックバックテーマ:「花見での失敗談」

学生の頃のお花見で浴びるほど飲んだ。
私は濁り酒を一升ほど飲んだ。
記憶がとびとび。
おかずを作って持っていったが
容器のふたをなくしてしまった。
私たちのグループは大声でしゃべり、歌を歌いだす人、
おしぼりを通行人にぶつける人などなど
みんな酒癖が悪かった。
一人、動かなくなった人がいて
その人を横向きに抱えて帰った。
私は自転車で上機嫌でその人の荷物を運んだことは覚えている。
自分の部屋に帰ってから急に怒り出して湯のみを割ったことも覚えている。
翌朝は酒も残らず、また上機嫌だったことも覚えている。
上機嫌→怒り出す→寝る の途中経過は翌朝全く覚えていなかったが
同じ学生アパートの隣の部屋の人によれば
かなりいろいろひとりでしゃべっていたらしい。
酒で記憶をなくしたのはそれが最初で最後。

ああ

大変な仕事だと覚悟はしていたが…本当に大変。
試験、面接の過程で希望とは違う方向に進み
さんざん迷って、行くと決めた仕事。
案の定、自分には向いていないことをひしひしと感じる。
会社にとって重要な部門ということはわかるが
ありがたがられない、しかも不毛な仕事。
しかも逆恨みされそう。

まだまだ始まったばかり
薦められた部署で契約社員→社員という安定した道を行くか
やりたい職種の部署で期間限定社員の気楽な道を行くか
どうするか決めていないけど、なんとなく心の奥底ではもう決めているような…
( というか打診があってすぐに引き受けず、試用期間を設けてもらった時点で
  なんとなく決めているくせに… ばっさり断る勇気がないだけのくせに…)

金婚式

天皇皇后両陛下、ご結婚50周年おめでとうございます。
両陛下のご健康とお幸せを心からお祈り申し上げます。

会見の全文を宮内庁のホームページで見たら涙がでそうになった。

両陛下が守り、継承してきた皇室がこのままのかたちで
受け継がれ、守られていきますように。

広告いらない

広告いらない!
何がアカマイじゃ
さっそく表示しない設定にした。

日記(4/11)

桜がきれい

パパイヤ酵素入り入浴剤失敗
変な匂いがする。
昨夜入浴後、何かの匂いに似ていると考えてみたが
ぜんまいを茹でて水出しして漬けた?匂いに似ているかも。
(入浴剤と茹でぜんまいの共通点は重曹?重曹と何かの成分がくっついた匂い?)


DHCのマルチビタミンとマルチミネラルを普段飲んでいて
無くなりそうなので某ドラッグストアに買いに行ったら
そこの店員(薬剤師?コワモテ)が
これよりA社のものの方が品質がいいですから。値段も変わりませんから。と言って
あっという間に交換された。
どうしますか?とも聞かれず、手品のように。

…えっ?? 一体何が起きたのか数秒固まった。
レジにはたくさんの人が並んでいて、文句をいう暇もなし。

値段は変わらないとはいうけれど
A社のマルチビタミンは1ヶ月分。DHCのは3ヶ月分。
今払う金額は変わらなくても、全然違う。

店内はすごく混んでいて引き下がるしかなかったが
どう考えてもおかしい。

品質がいいというのが本当ならばまあ仕方がないとあきらめる。
DHCも別にとてもいいと思っているわけではない(会社自体は嫌い)が
手頃感があるのと、ポイントを貯めているという理由で続けていた。
それなのに。

混んでいるのにもかかわらず抗議すればよかったのかもしれないけど
めんどくさくてやめた。
でも今後はあの店員がレジにいたら近づかない。

日記(4/12)

大分あたたかくなって窓を開けていると気持ちがよいと感じるようになった。
ひばりの鳴き声も聞こえる。

ひばりの鳴き声は子供の頃、田舎に住んでいたときからよく聞いているが
姿を見たことは一度もない。
見ているのかもしれないが、どんな色、姿なのか知らないので
それがひばりだとは気がつかない。

鳥のさえずりを聞いているのは好きだけど
あまりくわしくはないし、鳥の姿や生態にもそれほど興味があるわけでもない。

鳥に関する記憶に残る出来事と言ったら
幼稚園に入る前、昼寝から起きたらなぜか枕元に鶏が立っていたこと
 (当時飼っていた鶏に逃げて家の中に入り込んだ?)
幼稚園の遠足で鳩の糞が肩についたこと
 (2,3日、糞、糞とバカにされた)
中学生の頃、雉に追いかけられたこと
 (怒って体を膨らませた雉がいきなり原っぱから飛び出してきて追いかけられた)
7、8年ほど前、からすにのど飴をもらった事
 (のど飴の大袋をくわえていたカラスが咳をした私にひとつ飴を投げた←事実)
…これぐらいしかない。

あ、あと小学生の頃うっかり雀を死なせてしまった。
(雀、ごめんなさい)


出かけるにもよい季節になったが
週末は桜を見にちょっと出ただけ。
桜の花びらをくわえていた鳥がいた。





日記(4/14)

同期が行方不明になった。
初日にばっくれた人もいた。
私もそうすればよかったかも…とふと思う瞬間がある。

いつもいつも同じことの繰り返しだなー

でも、あの職場は前から何度か募集があり気になっていた所だから
行ってみて良かったのかも。
他の課へもよく行く用事があって
あの殺伐とした忙しさを見ると、
他の課でもやっぱりいやだったかもしれないということが良く分かったし。

堅苦しい仕事は久しぶりだし
こそこそひそひそ好きの面倒な女はいるし
今まで経験したことのない仕事内容だし
朝早いし
昼落ち着ける場所がないし…

やっぱり
だめかも。
…でも単に怠け癖のような気もする。
だめと判断する材料を探しているだけでは?

不満はいくつもあるけど
仕事(収入)がないよりはまし、もっと大変な仕事よりはまし
土日も休める
一応、安定はしている

たぶん働きたくない というだけ。



第717回「飴はなめますか?かみますか?」

FC2 トラックバックテーマ:「飴はなめますか?かみますか?」

ゆっくりとなめて長持ちさせたいのについがりがりと噛んでしまう。
友達の中にひとり、じっくりと時間をかけてなめる人がいる。
その人と同じ時に食べ始め、5分後…
友「え~もう食べちゃったの?」
私「え~ まだ残っているの?」

!!

今知ったんだけど
マサコサン、今日園遊会を欠席して三越の写真展(両陛下の)に出かけたんだと。
なんで?
園遊会が苦手だということはよくわかっているけど
今日はおとなしくしていればいいのに。
せっかく写真展に行っても、こんなこと、両陛下だってお喜びにはならない。
あ、もしかしていやがらせ?
ほんとにあたま、おかしいんじゃないの?

日記(4/18)

久しぶりに豚キムチ丼を作って食べた。
あいにくにんにくがなかったので入れなかったら
肉臭くて、いまいち。
にんにくを入れないだけで、こんなに違うものなのか。
豚肉も風味がいろいろだから、にんにくだけの違いではないかもしれないけど。
あまり食べられなくて残した。
豚肉のせいだけではなく、最近脂っこいものがますます食べられなくなってきた。
胃の調子が悪いのなら、お粥とかにしておけばいいのに
胃薬を飲みつつ食べるとは、なんと贅沢であほくさいことだろう。

メディカルパッド

タケショウのメディカルパッドを買った。
以前から通販生活のカタログに載っていて興味を持っていた。
マットレスは210Nというかなり固めのものを使っているが
腰の部分がややヘタってきている。
で、広告の使用感に釣られ、マットレスを買い換えるよりは安いので買った。
16590円…高い?安い?…人によって感じ方は違うと思うが
私は買ってよかったと思っている。
かなり快適。
まだ使用3日目だけど、腰の痛みもなくなった。
ナイロンとポリエステルでできている。乾燥ヘチマ?のような感触。
洗濯もできる。

一応、(まだ貰っていないけど)定額給付金で買ったという形にした。(気持ち上)
給付金より大分オーバーしているけど。

使い道がこんなこと?かどうかは人それぞれ。
私にとっては快適な睡眠と肩腰を楽な状態にするということはとても重要なこと。
旅行とか食べ物に使うのは(私にとっては)つまらない
マッサージに行かなくて済むのならば16000円でも高くはない。

こんなに良いとメディカル枕も欲しくなる。


仕事

本当は働きたくない。
学生の頃からそう思っていた。
卒業後10年ほどは正社員として仕事をしていたけど
ここ数年はずっとその場しのぎの仕事をしてきた。
安定して働きたいと思う一方で、つい気楽さを求めてしまう。

昨年、失業手当を受給しながら職業訓練を受けていた。
それすら仕事再開を延期させるための手段。
いろいろ考える機会にはなったが、訓練終了後も結局今まで通り。
長く働けるチャンスも目の前にあるけれど
どうやら私は逃げたいらしい。
幸いなことに(?)仕事が見つからないとか、決まらないということがほとんどないために
ずるずると気楽な道を歩いている。

就職活動

就職ガイダンスによると
就職活動は、会社に自分を売り込む活動だという。
そして、自分をPRするためには、
まず、自分のことをよく知らなければならない とのこと。
・自分の個性、人物像、性格等について考える
・自分の強み、アピールポイントを見つめ直す
・これからのライフプランを考える
・自分の能力をうまくアピールするためのツールとして売り込む

これがめんどくさい。

今まで目の前の仕事に対しては、まじめにやってきたけれど
仕事、未来の自分について深く考えることはあまりなかった。
その時、その時の気持ち次第、流されるように進んできた。

自分を見つめ直すことにも苦痛を感じる。
資格をいくつも取っても、パソコンが使えても
「職業人」として身についたものはあまりなし。
でも、何かを学んできたかのように面接では演じなければならない。
それもまた苦痛。

内心前向きではないのに前向きであるかのように振る舞うこと。
これも苦痛。

もっと単純に
就職活動、履歴書・職務経歴書の作成、面接って
本当にめんどくさい。


======================
今の仕事の面接時。
うっかり前向きさ、資格をアピールしたところ思わぬ方向へ…

パソコンができることが決め手になったらしいのにもかかわらず
仕事の内容にはあまり関係ない。

苦悶の日々。
自分が自分でないような感じでふわふわとしている。
それでも面接の時と同様に意欲があるように振る舞っている。
(内心は逃げ出したくてたまらない)

何かに似ていると思ったら
学生の頃の実習。
単位を取る為だけに某機関やら施設やらに行った実習。
やる気はないのに、やる気を演じなければならない。

かわいそう? ちっとも…

芸能人某グループの某が酒を飲んですっぽんぽんで大騒ぎ逮捕

職場でもその話でもちきりだが、別にどうでもいい。
どうでもいいのだが、一部、少数だが
「某君がかわいそう…なんで通報なんかしたんだろ」 
「ストレスがたまっていたのだろう、気の毒に」
「通報した人を突き止めて何かしてやりたい」…という意見に驚き。
特にファンというわけでもないとのこと。
それなのに、かわいそう?
通報した人をとっちめる?←危険な発想。
>ストレスがたまっていたのだろう、気の毒に ←まるでマサコさん擁護

夜中に公園で大声で喚いている人がいたら通報するよ。
まして夜間立ち入り禁止の公園。
まして、裸の男。
まして韓国語でも騒いでいたんでしょ?
あっちの国のとんでもない奴かもしれない…と思う人もいるだろう。
とりあえず通報するのが普通。

かわいそうなんかじゃない。
どうせ、ほとぼりが冷めたらまた活動再開するんでしょ?

ファンの人がこれを読んだら、むかつくかもしれないけど
通報されたのは当然。
逮捕され、家宅捜査までされたのは仕方がない。
芸能界に限らず、尋常でない暴れ方をしたら薬物使用を疑われても仕方がない。
テレビは騒ぎすぎ。

あのグループも逮捕された人も別に嫌いではないけど、とりたてて好きでもない。
酒を飲むのは自由だけど、脱ぎたくなる人は家で飲め。
10杯程度でわけがわからなくなるとはだらしない。

寒い

寒すぎる
四月も後半だというのに寒い
職場はもう暖房が入らない
今日は使い捨てカイロを貼っていた
四月後半でカイロは新記録かも

湯たんぽも片付けてしまい(水気を完全に抜くのが結構面倒)
寝るときは仕方なく電気あんかを使っている

桜はとっくに終わったのに
あまりにも気温が低いのでまだこれから咲くかのような錯覚に陥る
もうゴールデンウイークだなんて・・

いらいら

あ~今日も疲れた。

人に対していらつく自分がいやだ。
嫌いになる、いらいらするポイントはいつも同じ。

人を茶化す、不要なのに媚びるようなあいのてをいちいち入れる
うるさい、馬鹿 等々

田母神俊雄氏著 自らの身は顧みず WAC出版

帯より引用
*****
「日本は素晴らしい国だ」
「侵略国家などではない」
と言った私は、航空幕僚長を解任された。
しかし、国益を損なうと思ったことについては、
日本の立場をきちんと主張しなければならない。
国家防衛の基盤は愛国心である!

「防衛省の内局というのは、いわば”政治将校団”で、
 欧米のような民主主義の国家より中国や北朝鮮に近いシステムだ」
「『非核三原則』であるが、これも議論の必要がある。
 核兵器を持たない国家は、最終的に、 核保有国の意志に従属せざるを得ない」
*****

懸賞論文騒動時から、田母神さんを支持していた。
「日本は良い国」と発言して職を追われる、批判されるなんて・・
まるで悪者を叩き潰すかのような政治家とマスコミ。
この本によって、当時のマスコミ(反田母神)報道では知ることができなかったこともよくわかった。

「遂次強化されていった戦後日本の左翼化傾向」
「靖国問題を乗り越えられない日本政府」
「世界中で情報工作を仕掛ける中国」
「素性が悪い謝罪決議と村山談話」
「マスコミを国益を守る必要がある」
「国防の基盤は愛国心」
「軍は国家の大黒柱」
    ・
    ・
小見出しを並べてみたが、これを見て嫌悪するような人にこそ
是非、読んでもらいたいと思う。
そういう人は「日本は侵略国家」と決め付ける教育やマスコミに洗脳された人。
この本で、洗脳をといて欲しい。
日本を大切に思う、日本を守る、それがベースになっている。
とても読みやすい文章だし、自衛隊についての認識も変わった。

田母神さんの真意は↓の一文に尽きると思う。

本文一部引用
*****
P167
 日本には反日的言論の自由は無限にある。日本のことをいくらでも悪く言うことが
できるし、それによって国会が紛糾することもない。一方、親日的言論の自由は極め
て制約されている。特に自衛隊に関することと歴史認識については、言論が封じられ
言っただけで問題を引き起こす。今回の私の論文がその典型である。問題になるのが
分かっていて何故言うのかという疑問があるだろう。それは、問題にしないというこ
とは少しずつ反日に同調するということを意味するからだ。これまでの歴史の推移を
見れば、それは明らかである。そのとき少し譲歩して収めたとしても、次回はもっと
つらくなる。もっと言論が不自由になる。この繰り返しでは日本はやがて崩壊してし
まう。どこかで踏ん張ることが必要である。
****

マスコミの偏向ぶりは「村山談話」「歴史史観」だけでなく、
ある勢力あってのことなので、もう根本から朽ちている。
今更マスコミが変わることはないだろう。
残念だが、マスコミに左右されることなく、
各々が正しい歴史や国家史観を教材を選択しながら、自分の頭で考えていくしかない。

巻末には「村山談話」や懸賞論文も収録されている。
「日本人」であるならば読んで損はない一冊。

田母神さんは現在講演会でひっぱりだこ、次々と著書もだしている。
幕僚長解任は残念だったけど、活動、発言の機会が増えてよかったのかもしれない。
活動の場が増えたということは需要があるということ。
この流れに反日マスコミを巻き込むことができるといいのだけれど・・

本文〆の一文
「国を愛することを禁じるような歴史観が今後もまかり通るようなら国は滅びる」

昭和の日なので日本の繁栄と安寧を願って日の丸
日の丸




2009年4月皇室ニュース

お互いに「感謝状を」…天皇・皇后両陛下、ご結婚50年

天皇、皇后両陛下は10日、ご結婚50年を迎え、祝賀行事に臨まれる。
これに先立ち、両陛下は皇居・宮殿で記者会見し、50年を迎えるにあたっての感想を述べられた。
お二人は互いに感謝の気持ちを繰り返し口にされ、天皇陛下が会見中、感極まって声を詰まらせる場面もあった。
相手に贈る言葉としては、お二人とも「感謝状を」と述べられた。
両陛下は1959年4月10日に結婚。
89年1月7日、第125代天皇として陛下が即位された。

記者会見で陛下は、
「産業を発展させて国民生活が向上し始めた時期でありました」などと
50年前の日本を振り返ったうえで、その後の公害問題や沖縄の復帰などに触れ、
「私どもはこのように変化してきた日本の姿と共に過ごしてきました」と述べられた。
続いて、初めて民間出身の皇太子妃として皇室に入った皇后さまについて
「私の立場と務めを重んじ、昭和天皇をはじめ私の家族を大切にしつつ、
私に寄り添ってくれたことをうれしく思っています」。
皇后さまも「普通の家庭から新しい環境に入りました時、不安と心細さで心がいっぱいでございました」と
結婚当時の心境を語ったあと、「陛下のおそばで金婚の日を迎えられることを本当に夢のように思います」と
感謝の言葉を返された。
25年前の銀婚式の会見では、それぞれ相手に向けて「努力賞」(天皇陛下)、
「感謝状」(皇后さま)と述べ合ったが、今回は陛下が「贈るとすれば感謝状です」と話され、
皇后さまも「やはり心を込めて感謝状をお贈り申し上げます」と述べられた。
両陛下は時折、互いを慈しむように見つめ合い、
また、感謝の気持ちを伝え合うように小さくおじぎを繰り返された。
また、陛下が「結婚50年を本当に感謝の気持ちで迎えます」と述べた際には、
声を詰まらせ、涙ぐむような表情を浮かべられた。
陛下は会見の冒頭、国民に感謝の意を示したうえで、
「厳しい経済情勢のさなかであり、祝っていただくことを心苦しくも感じています」と述べられた。
10日は、午前中から三権の長や皇族方のお祝いを宮殿で受けるほか、
午後には、同じく今年が結婚50年にあたる100組の夫婦を招いて茶会を催される。
(2009年4月10日05時02分 読売新聞)

【両陛下ご結婚50年】式典で出席者から異例の拍手
2009.4.10 13:17
10日午前に皇居・宮殿「松の間」で行われた天皇、皇后両陛下のご結婚満50年を祝う記念式典。
麻生太郎首相ら三権の長や各閣僚らが参列した式典では、
両陛下が退室される際、出席者からお祝いの拍手が沸き起こる場面もあった。
国事行為をはじめ厳粛な式典が行われる「松の間」で、拍手が起きるのは珍しい。
麻生首相の祝辞に対し、陛下は「皆さんから祝意を表されたことを深く感謝致します。
私どもはこれからも2人で力を合わせ、国民の期待に沿い、
務めを果たしていきたいと思っております」と返礼された。
両陛下が一度退室するため歩き始めたところ、出席者から大きな拍手が起こり、
両陛下は足を止め、うれしそうに笑みを浮かべられた。
その後、両陛下は再び「松の間」へ戻り、皇太子ご夫妻をはじめ皇族方から順番にごあいさつを受けられた。
一部の皇族方は、お背中を両陛下に見せないよう、後ずさりで退室された。

4月10日前後は、テレビでも特別番組をいくつか放送していた。
その中でも、4月10日のNHKスペシャル 象徴天皇素顔の記録はかなり良かった。
(後日の再放送で戦争反省的映像が加えられてしまったことは残念)

4月12日、朝の徳光さんの番組でも両陛下ご成婚50年のニュースを流していたが
徳光さんの言葉遣いが酷すぎ。
天皇が~ 美智子さんが~等々。しかも「よくやっている」などと上から目線で評価
番組宛に抗議をしたが、あれは徳光さんの思想なのか、局の方針なのか?
徳光さんは以前はマサコさんとアイコさんの電車で庶民ごっこ映像を見て
丁寧な言葉で褒め称えていたけど?

秋篠宮ご夫妻、天皇・皇后両陛下の写真展へ<4/16 14:05>
秋篠宮ご夫妻は16日、東京・中央区の「日本橋三越本店」を訪れ、
天皇・皇后両陛下の結婚50年記念の写真展をご覧になった。
この写真展は、両陛下の結婚50年と即位20年を記念して
「両陛下と旅」をテーマに開かれているもので、
両陛下のアルバムから選んだ約120点の写真が展示されている。
秋篠宮ご夫妻は最初に、特別展示されている、両陛下が結婚パレードで乗った馬車をご覧になった。
その後、両陛下の国内外の旅先での写真や、天皇ご一家の子供のころの写真などを、
思い出を語り合いながら熱心にご覧になっていた。
写真展は19日まで開かれている。

※秋篠宮両殿下は16日の朝、写真展を見に行った。

ノーベル賞2氏ら招き、春の園遊会
天皇、皇后両陛下が主催する春の園遊会が16日午後、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれた。
招かれたのは、ノーベル物理学賞に輝いた小林誠・高エネルギー加速器研究機構特別栄誉教授と
益川敏英・京都産業大教授、フリースタイルスキー・モーグルの上村愛子選手ら。
皇族方では、皇太子さまや秋篠宮ご夫妻らが出席。
皇太子妃雅子さまは欠席された。
(2009/04/16-15:15)



>皇太子妃雅子さまは欠席された。
ところが…

皇太子ご夫妻、両陛下の記念写真展をご覧に
2009.4.16 20:15
皇太子ご夫妻は16日夜、東京都中央区の日本橋三越本店を訪れ、
天皇、皇后両陛下のご結婚50年と、陛下のご即位20年を記念して開催中の
写真展「両陛下と旅」を鑑賞された。
(略)
場内では皇太子さまが皇太子妃雅子さまに写真の背景を説明され、
お二人で笑い声をあげられる場面もあった。

16日午後の園遊会は欠席
夜は写真展にお出かけ。
園遊会は公務。
…奇行はいつものことだが、ますます酷くなっている。

翌17日

天皇、皇后両陛下のご結婚50年と、天皇陛下のご即位20年を記念する
「春季雅楽特別演奏会」が17日、皇居・宮内庁楽部庁舎で開かれ、
両陛下、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻、高円宮妃久子さまが鑑賞された。
会場では、宮中儀式や春と秋の園遊会などでも活躍する宮内庁楽部職員が舞楽を披露した。
演奏会に招かれた各国の駐日大使らから拍手で迎えられた両陛下と皇族方は、
観客に会釈をした後、庁舎2階の席に座り、
伝統的な衣装に身を包んだ職員の優雅な踊りや演奏を熱心に鑑賞された。

このニュース映像、マサコさんは久子さんの方に身を乗り出してしゃべり続けていた。


岡山市で開かれている「全国都市緑化おかやまフェア」に出席するため、
秋篠宮両殿下が今日から二日間、岡山県を訪問されています。
初日の今日は介護施設を訪れて、入所者とふれあいの時間を過ごされました。
秋篠宮ご夫妻はきょう午前、東京からの定期便で岡山空港に到着されました。
ご夫妻揃っての岡山訪問は、
おととし開かれた「まなびピア岡山」の開会式に出席されて以来、2年ぶり4回目です。
午後からは赤磐市の特別養護老人ホームを訪問し、デイサービスを利用しているお年寄りと歓談されました。
紀子さまは、お年寄りの作品を手にとって「繊細な色使いですね」などとお声をかけていました。
一人一人に笑顔で話しかけられるご夫妻の人柄に、涙ぐむお年寄りもいました。
ご夫妻は施設の職員には労いの言葉をかけられていました。
秋篠宮ご夫妻は明日、岡山市で開催中の「全国都市緑化おかやまフェア」の
「全国都市緑化祭」の式典に出席される予定です。

雅子さま「みどりの愛護」式典に=1年3カ月ぶり地方公務-横浜
皇太子ご夫妻は19日午前、横浜市の横浜動物の森公園で開かれた
第20回全国「みどりの愛護」のつどいの式典に出席された。
雅子さまが公務で地方を訪問したのは、昨年1月に冬季国体が開かれた長野県を訪れて以来
約1年3カ月ぶり。宮内庁によると、担当医師とも相談の上で決定したという。
式典で皇太子さまは「学生時代に丹沢や箱根の山に登った折に眺めた
緑の濃い景色がとても美しかったことを懐かしく思い出します。
新たな緑を創(つく)り出していくためには、多くの人々がその大切さを理解し
幅広く運動に参加することが重要です」とあいさつした。(2009/04/19-11:48)


産経新聞 平成21年04月21日
皇室典範改正「慎重に検討」河村官房長官
河村建夫官房長官は21日の衆院決算行政監視委員会で、皇室典範の改正について
「国家の基本にかかわる大事な問題なので、国民各層の意見を踏まえ慎重に検討する課題だ。
検討時期を言うのは差し控える」と述べた。
その上で「安定的な皇位継承を確保する意味では、将来の不安は解消していない」と述べ、
将来の検討課題になり得るとの考えを示した。
女系容認などについては明言を避けた。

負担軽減で初の「お言葉」なし=両陛下、日本国際賞授賞式に
天皇、皇后両陛下は23日、東京都千代田区の国立劇場で開かれた
第25回日本国際賞授賞式に出席された。
宮内庁は1月、天皇陛下の負担軽減のため、式典での「お言葉」を原則的になくすと発表。
この日の授賞式が、お言葉を実際にやめた初めてのケースとなった。
同庁によると、お言葉がなくなるのは、ほかに全国豊かな海づくり大会や国体開会式、国際生物学賞などの授賞式。
国会開会式や全国戦没者追悼式、宮中晩さん会などでのお言葉は続けられる。
日本国際賞授賞式を主催した国際科学技術財団の榛葉健一常務理事は
「お言葉があるかないかにかかわらず、陛下に来ていただけるだけで光栄」としている。
時事ドットコム (2009/04/23-16:26)


そしてどうでもいい近況

皇太子ご一家、新たに愛犬=「ゆり」、動物病院から譲り受け
宮内庁は24日、皇太子ご一家が新しく子犬を飼われることになったと発表した。
生後2カ月の雑種の雌で、名前は「ゆり」。25日から飼い始める。
同庁によると、犬は赤坂御用地とは別の場所で保護され、
預けられていた動物病院から譲り受けた。ご一家が飼っていた2匹のうち、
2月に死んだ「まり」と似た名前ということで、愛子さまが名付けたという。

<皇太子ご一家>けがのタヌキ保護 雅子さま、散歩中見つけ
4月24日21時57分配信 毎日新聞
皇太子ご一家が、住まいのある赤坂御用地(東京都港区)でけがをしていた
野生のタヌキを保護している。体力が回復次第、御用地内に放すが、
動物好きの愛子さまにとっては野生動物を身近に観察する機会にもなっているようだ。
宮内庁によると、今年1月、雅子さまが散策中に動けないタヌキを見つけ、
皇宮警察官らが保護し、都内の動物病院に運んだ。
今月23日まで治療を受け、ある程度回復したため、
鳥獣保護法に基づき一時保護の許可を取った上、
同日夜から東宮仮御所でご一家が飼育を始めた。
2月にも雅子さまは、散策中にタヌキを見つけ同様に病院に運んだが、病院内で死んだという。
タヌキは皇居でも確認されており、天皇陛下が生態の研究論文を共同で発表したこともある。
都心の御用地内(周囲約2.7キロ)も、皇居と同じように木々が生い茂り、
自然が豊かでタヌキが生息する環境になっているが、
けがは車によるものではないかと推測されている。【大久保和夫】
最終更新:4月24日21時57分

あまりにもくだらない
動物を飼っている皇族の方々は他にもいるが、
こんな仰々しいアピールはしていない。

天皇、皇后両陛下は27日、
東京・上野の東京藝術大学大学美術館で開催中の
「尼門跡(あまもんぜき)寺院の世界」展を鑑賞された。
美術館玄関では、宮田亮平・東京藝術大学長、バーバラ・ルーシュ・中世日本研究所所長、
清原武彦・産経新聞社会長らが両陛下を出迎えた。
尼門跡寺院とは、皇族や公家などの女性の入寺によって営まれてきた寺院で、
今も京都・奈良に13カ所が残っている。いずれの寺院も、
皇室と関係の深い独特の品格を今に伝えている。
この日は一部の寺院の門跡(住職)も集まり、両陛下にあいさつした。
会場には、尼門跡寺院に伝わる皇室ゆかりの品々や、貴重な調度品など約180点が並んだ。
両陛下は展示物の前で足を止め、熱心にごらんになった。
展示物の一つ、大聖寺所蔵の「涅槃(ねはん)図」は、
入滅する釈迦(しゃか)の周りを仏弟子や動物たちが取り囲む姿が生き生きと描かれている。
皇后さまは、「いろんな動物たちも…」と、興味深そうに感想を語られていた。
また、尼門跡寺院に伝わるカルタ、双六(すごろく)など皇女たちの遊び道具の前でも、
両陛下は足を止めて見入られた。天皇陛下は、美しい蒔絵(まきえ)が施された
大聖寺所蔵の「蓮華文蒔絵双六盤」(後水尾天皇拝領)を前に、
ご幼少時に祖母にあたる貞明皇后とともに楽しく遊んだ思い出などを懐かしそうに語られた。

紀子さまと眞子さまが「尼門跡」展ご鑑賞
2009.4.29 11:39
秋篠宮妃紀子さまと長女の眞子さまが29日、
東京藝術大学大学美術館(東京都台東区)で開催中の
「尼門跡(あまもんぜき)寺院の世界」展を鑑賞された。
尼門跡寺院とは皇族や公家の女性が代々住職を務めた寺院で、京都と奈良に13カ所残っている。
お二人は住職が自ら描いた「照山元瑶尼自画像」や、
自ら作った「聖観音立像」など珍しい作品を興味深そうに見て回られた。
また、子供たちが鳥と楽しそうに遊ぶ様子などを描いたふすま絵「官女唐子遊図」の前で、
紀子さまが「これが鳥かごですね」と話される場面もあった。
これまで非公開だった作品を含め、すべての寺院から一堂に出品される展覧会は今回が初めて。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ